閉じる

ニュース・フラッシュ

DRコンゴ・ザンビア:LMEが児童労働削減プロジェクトに資金供与

 2021年6月16日付けにて、LMEは、DRコンゴとザンビアで実施される責任ある調達に関連する2つの慈善プロジェクトに対し資金提供する旨を発表した(メディアによると1.7mUS$になる予定)。当該プロジェクトは、NGO団体Pact及びThe Impact Facilityが行う事業であり、零細採掘コミュニティにおける・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マリ:Goulaminaリチウム鉱床、中Ganfeng Lithium社が50%権益を取得

 2021年6月14日付けメディアによると、中Ganfeng Lithium(贛峰リチウム業)社は130mUS$でマリ共和国Goulaminaリチウム鉱床(首都Bamakoの南150kmに位置)の50%権益を取得し、50%以上のオフテイク権を取得した。同社にとって、アフリカにおけるリチウム鉱山への初投資となる。同鉱床は・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kamoa-Kakula銅プロジェクト、銅精鉱・ブリスターのオフテイク契約を締結

 2021年6月9日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、DRコンゴKamoa-Kakula銅プロジェクトPhase1のブリスター銅及び銅精鉱について、年産銅量約200千t分のオフテイク契約が締結された。取引相手先は、中CITIC Metal社と中Zijin Mining(紫金鉱業)の子会社Gold Mou・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Ramaphosa大統領、自家発電のライセンス免除の上限100MWへの改正を発表

 2021年6月10日付けメディアによると、南アCyril Ramaphosa大統領は電力危機に対処すべく、自家発電や分散型発電に係るライセンス免除の上限を、現状の1MWから100MWに引き上げると発表した。この引き上げのために、電力規制法の付帯2を60日以内に改正するとした。これまで、鉱物資源エネルギー省(DMRE)・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マラウイ・ポーランド:Songwe Hill REE鉱床開発プロジェクト、ポーランドのREE分離プラントの開発に合意

 2021年6月7日付け英・加ジュニアMkango Resources社の発表によると、同社はGrupa Azoty Pulawy社(ポーランドの窒素肥料・化学品メーカー)とポーランドにてREE分離プラントの開発に向けた協力に合意した。Mkango社は、マラウイにFS中であるSongwe Hill REE鉱床開発プロジ・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 レアアース/希土類 ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム ボロン/ホウ素
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3 Motheo銅・銀鉱床、露天採掘サービスのコントラクターを選定

 2021年6月9日付け豪Sandfire Resources社の発表によると、同社が開発中のボツワナT3 Motheo銅・銀鉱床について、露天採掘を行うサービス会社として入札プロセスを経てAfrican Mining Services(AMS)社を選定した。本契約の期間は7年3か月、金額は496mUS$の発注となる。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モロッコ:Altus Strategies社、モロッコで計221km2の探査ライセンスを取得

 2021年5月20日付けのプレスリリースによると、英Altus Strategies社はモロッコにおいて3つの新探査プロジェクト(銅・亜鉛)及び既存プロジェクトに隣接する2つの探査ライセンスを取得したと発表した。これらのプロジェクトは競争入札プロセスによりAltus Strategies社の100%保有子会社であるA・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

ジンバブエ:Arcadiaリチウムプロジェクトのパイロットプラントの完成間近

 2021年6月7日付け、豪Prospect Resources社の発表によると、ジンバブエHarare市郊外に位置するArcadiaリチウム鉱床の開発のために建設中のPetalite(リチウムのケイ酸塩鉱物、セラミックなどの用途)の選鉱パイロットプラントについて、作業の92%が完了し、今月末には稼働を開始する。同社が・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:Khoemacau銅・銀鉱山、6月中に生産開始

 2021年6月3日付けメディアによると、米PEファンドCupric Canyon社は、ボツワナKhoemacau銅・銀鉱山の操業を6月中に開始する。同鉱山はボツワナKalahari銅ベルトに位置し、現在精算中の銅鉱山を除けば、同国唯一の稼働中の銅鉱山になる。精鉱の出荷は2021年第3四半期中に行われる予定。2021年・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、鉱区管理新システム導入へ

 2021年6月1日付けメディアによると、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)は、次週に新たな鉱区管理システム導入のための入札を行うとした。現行システム(Samradシステム)については業界関係者から批判が多くあり、3月の国民議会ポートフォリオ委員会にてMantashe鉱物資源エネルギー大臣が6か月以内の新規導入を約束・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ