閉じる

ニュース・フラッシュ

キューバ:産業多用化に向けた鉱業部門に対する誘致強化の可能性

 2021年3月19日付け専門紙は、鉱業部門に対する外国投資の現状に関し、政府が過去6か月間に少なくとも2件のJV契約を締結しており、今後更なる鉱山事業拡大が進む可能性があると報じた。キューバにおいて外国企業が探鉱・開発を行う場合、政府系企業との合弁事業を形成することが原則とされているが、過去10年間で外国企業の活動が・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

キューバ:Moa Bayニッケル・コバルト鉱山の2021年生産量・操業コストともに増加見込み

 2021年1月25日付け専門紙によると、加Sherritt社はMoa Bayニッケル・コバルト鉱山の2021年生産目標をニッケル32~34千t(2020年実績:31,506t)、コバルト3.3t~3.6千t(同:3,370t)と発表した。2020年生産は、第1四半期にカナダで発生した鉄道封鎖デモの影響からAB州For・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

キューバ:Sherritt社、Moa Bayニッケル・コバルト鉱山における第2四半期生産が好調

 2020年7月30日付け専門紙によると、加Sherritt International社の2020年第2四半期生産量はニッケル4,147t(対前年同期比4%増)、コバルト425t(同2%増)と好調であった。同社は2020年3月上旬からCOVID-19感染対策を取ったことから、Moa Bayニッケル・コバルト鉱山および・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

中南米:新型コロナウイルス肺炎によるカリブ諸国各鉱山操業への影響

 2020年3月18日付け地元紙は、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)に対する中米・カリブ諸国による対応を報じており、多くの国で出入国制限が取られているものの、現在のところ鉱山操業に対する影響は比較的少ないとみられている。

・ホンジュラス
国内で9件の症例が確認された後、政府は国境封鎖措置を講じ、4都市・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 コバルト ニッケル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

キューバ:米国によるキューバへの経済制裁が加Sherritt International社の業績を圧迫

 キューバに対する米国の経済制裁により、ON州トロントに本社を構える加Sherritt International社の2019年第3四半期業績は悪化した。
 同社はキューバ政府とのJV事業で進めているMoa Bayニッケル・コバルト鉱山を運営しているが、経済制裁によりディーゼル燃料の供給が阻害され、輸送するトラック台・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

キューバ:加Sherritt International社、2019年第1四半期赤字拡大

 2019年4月26日付け業界紙によると、加Sherritt International社は、キューバ政府とのJV事業で進めているMoa Bay鉱山の2019年第1四半期生産量(ニッケル、コバルト)が好調であったが、コバルト価格の下落が影響し、2019年第1四半期の収益は赤字幅が拡大し61.8mC$の(2018年第1四・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

キューバ:Sherritt International社、2018年第4四半期のMoa鉱山からのニッケル、コバルト生産量発表

 Sherritt International社は、2018年第4四半期の決算発表を行い、同社がキューバに権益を保有(50%)するMoaニッケル鉱山の同期の生産量がニッケルは前年同月比4%増の4,294t、コバルトが同8%減の428tであったと発表した。ニッケルは市況が維持されたことから2四半期連続で増加した一方、コバ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

キューバ:加Millbrook Minerals社、キューバ鉱業公社GeoMineraと歴史的合意

 2018年5月28日付け地元紙によると、加Millbrook Minerals社は、キューバ鉱業公社GeoMinera(政府100%出資企業でニッケル等以外の鉱種の投資交渉窓口)と3つの銅-亜鉛-銀-金案件の探鉱、開発に係る協定が合意に達したことを明らかにした。これにより、キューバで鉱業を行う会社は、Sherritt・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

キューバ:Sherritt International社、Moa Bay鉱山の2017年生産、計画どおり

 2018年1月14日付け業界紙によると、Sherritt International社は、キューバ政府とのJV事業で進めているMoa Bay鉱山の2017年生産量を明らかにした。当初計画では、ニッケル31,500~32,500t、コバルト3,500~3,800tと予測されていたが、結果は、ほぼ計画どおりのニッケル31・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ