閉じる

ニュース・フラッシュ

2021年上半期の電動車、車載用リチウムイオン電池及び ニッケルの情勢について

<金属企画部調査課 牧野真弘 報告>

はじめに
昨今、産業界は脱炭素化を急速に求められており、世界各国では本取組みに関する政策を相次いで発表している。その中でも、自動車の電動化は脱炭素化の切り札として各自動車メーカーによる開発が進展しており、ここ数年で電動車(本稿では、「電気自動車(EV)及びプラグ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
金属企画部

フランス:フランス地質調査所、バクテリアを活用したレアアース抽出方法を検討

 2021年7月20日付けのメディア情報によると、フランス地質調査所(BRGM)の研究者は、鉱山スラグの山から下層土で発見されたバクテリアを活用してレアアースを抽出する方法を検討している。本プロセスでは、まず従来の採掘で残った廃滓を粉砕し、液体に溶解する。その後、金属に応じて異なるバクテリアを、酸素のほか餌となるカリウ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル レアアース/希土類
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

第19回世界銅カンファレンス及びCESCO WEEK Santiago 2021参加報告

<サンティアゴ事務所 兵土大輔 報告>

はじめに
2021年4月12~15日の4日間、CESCO(Centro de Estudios del Cobre)主催のCESCO WEEK Santiago 2021が開催された。CESCOは、鉱業に関する調査・技術レポートの作成及びセミナーの開催等を通じ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
サンティアゴ

2030年にかけてのリチウムの需要と供給(チリ銅委員会)

<サンティアゴ事務所 椛島太郎、岸蒼代香 報告>

まえがき
本レポートは、チリ銅委員会(COCHILCO)が2020年8月に発行した“Oferta y demanda de litio hacia el 2030”「2030年にかけてのリチウムの需要と供給」をJOGMECサンティアゴ事務所にて翻訳し・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト タンタル ニオブ ニッケル ボロン/ホウ素 マンガン リチウム リン カリウム
海外事務所:
サンティアゴ

フランス:Eramet社とElectricité de Strasbourg社、フランスで地熱かん水からのリチウム抽出パイロットテストに成功

 2021年5月11日付けのプレスリリースによると、仏Eramet社は、仏Electricité de Strasbourg社と協力し、過去5年間Electricité de Strasbourg社が運営している仏Alsace北部のRittershoffen地熱発電所において、2021年初頭に実施されたパイロット規模の・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

フランス:Verkor社、EIT InnoEnergy等の後援を受けバッテリーセル生産拡大予定

 2020年8月11日付けのプレスリリースによると、フランスVerkor社は欧州イノベーション・技術機構(EIT)によるイニシアチブの1つであるEIT InnoEnergy、フランスSchneider Electric社及びフランスGROUP IDEC社の後援を受けて、バッテリーセル生産を拡大する予定。Verkor社は・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

フランス・ドイツ:新型コロナウイルス肺炎感染症の影響により、Recylex社の鉛生産休止

 2020年3月25日付けプレスリリース等によると、欧州第3の鉛製錬会社である仏・Recylex社は、新型コロナウイルス肺炎感染症の影響、特に自動車産業における鉛需要の急減、また、金属価格の急激な低迷により、子会社である独・Weser-Metall GmbH社の生産を3月26日から中止すると発表した。これに応じて、フラ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

欧州のバッテリーリサイクルの現状

<ロンドン事務所 倉田清香 報告>

はじめに
環境への影響や原料の供給不足への不安からバッテリーのリサイクルへの関心が高まっている。欧州でのバッテリーリサイクルに関する情報収集を行うため、2019年9月18日から20日にフランス・リヨンにおいて開催されたInternational Congress ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト リチウム
海外事務所:
ロンドン

フランス:欧州でカザフスタン・フランス合弁のチタンスクラップ処理プラント開設

 2017年9月22日付の地元報道等によると、9月15日、仏サン・ジョルジュ・ド・モンにおいて、欧州初となるカザフスタン・フランス合弁企業「EcoTitanium」のチタンスクラップ処理プラントの開所式が行われた。この合弁設立者には、UKAD社(Ust-Kamenogorsk Titanium and Magnesiu・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

2015年 金属鉱物資源を巡る動向

 世界の金属鉱業界全般にとって、2015年は金属資源価格低迷の影響により様々な事がらが引き起こされた年だったと言える。JOGMEC調査部では、2015年の金属鉱物資源分野における主な出来事を時系列に振り返り、その動向を以下のとおり取りまとめた。 【3月】・3月以降:ストライキや反鉱業運動が中南米で・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 タングステン ニッケル マンガン
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ