閉じる

ニュース・フラッシュ

2021年前半のバッテリーメタルの動向

<ロンドン事務所 倉田清香 報告>

はじめに
新型コロナウイルスによるパンデミックが1年以上続く中、政府による経済刺激策も含め、グリーン化・電気自動車(EV)化が加速し、バッテリーメタルのサプライチェーンに影響を及ぼしている。こうした状況下、2021年前半に開催されたウェビナーのうち、Advance・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ロンドン

マダガスカル:ToliaraミネラルサンドプロジェクトのDFSを更新

 2021年9月27日付け豪Base Resources社の発表によると、同社がマダガスカルに所有するToliaraミネラルサンドプロジェクトについて、対象鉱床であるRanobe鉱床の資源量及び埋蔵量が増加したことに伴い、DFSを更新した。資源量は倍増して2,580百万t(重鉱物平均品位4.3%)、埋蔵量は45%増で9・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド イルメナイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:Rio TintoのQMMイルメナイト鉱山、再エネルギーからの電力供給を契約

 2021年7月26日付けメディアによると、Rio Tintoは、マダガスカルのQIT Madagascar Minerals(QMM)イルミナイト鉱山における電力として、再生可能エネルギープラントによる新規電力購入契約をサプライヤーと締結した。独立系電力生産者Cross Boundary Energy(CBE)社が、・・・ 続きを読む
鉱種:
イルメナイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:英Tirupati社、グラファイト鉱山の生産を拡張

 2021年6月29日付け、英Tirupati Graphite社の発表によると、同社はマダガスカルにて操業中のSahamamyグラファイト鉱山及びVatominaグラファイト鉱山の生産拡張を進めている。現在、Sahamany鉱山にて3千t/年を生産しているところ、近くVatomina鉱山においても9千t/年の生産を開・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:Moloグラファイト鉱山の建設に向けて選鉱プラントの資機材調達を開始

 2021年5月11日付け加NextSource社の発表によると、同社がマダガスカルに所有するMoloグラファイト鉱山の2021年8月に鉱山建設を開始すべく、選鉱プラントの資機材調達を開始した。処理プラントは年間240千tの鉱石を処理し、年間約17千tの高品位Flake状グラファイト精鉱(SuperFlakeグラファイ・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:英Tirupati社、グラファイト生産の拡張を計画

 2021年4月16日付けメディアによると、英Tirupati Graphite社は、マダガスカルSahamamyグラファイト鉱山の生産拡張のために、株式発行により機関投資家から10m£を調達する予定である。既に生産を開始している同プロジェクトは、今後18千t/年の生産モジュールの導入を行い、2022年第1四半期までに・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

世界の鉱業の趨勢2020 マダガスカル ―データ集―

マダガスカル:Toliaraミネラルサンドプロジェクト、2021年9月以降に最終投資決定

 2020年11月4日付けメディアによると、豪Base Resources社MD Tim Carstens氏は、Africa Downunder Conferenceの講演の中で、マダガスカルToliaraミネラルサンド鉱床の開発について言及し、最終投資決定(FID)のタイミングが、コロナ禍とそれに伴う世界的な移動制限・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:鉱業審議会が鉱業税の増を批判

 2019年12月17日付けメディアによると、マダガスカル鉱業審議会は、先の鉱業法ドラフトについて、新規投資の障害になり既存鉱山の操業を脅かすことになると厳しく批判した。12月第2週、Ravokatra鉱山大臣が報道において示した案文では、ニッケル、コバルト、貴金属、貴石のロイヤルティを2%から4%に増やすことを計画し・・・ 続きを読む
鉱種:
貴金属 コバルト ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ