閉じる

ニュース・フラッシュ

北マケドニア:Sasa廃滓貯蔵施設で漏洩発生

 2020年9月14日及び17日付けのプレスリリースによると、英Central Asia Metals社は北マケドニアのSasa廃滓貯蔵施設から地元の河川に短期的な漏洩があったと発表した。漏洩は直ちに止められ、人的被害は発生していないとしている。北マケドニアの環境当局からの承認を受けて、Sasa鉱山及び処理施設は操業を・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

マケドニア:Toranica及びZletovo鉛亜鉛鉱山でストライキ、賃金値上げと労働環境の改善訴え

 2015年3月6日付メディア報道によれば、モロッコの鉛製錬会社Indo Minerals and Metals Morocco社がマケドニアに保有するToranica鉛亜鉛鉱山及びZletovo鉛亜鉛鉱山において、2015年1月分の賃金が満額支払われていないとして、両鉱山の従業員がストライキを行っている。通常の月額賃・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

ILZSG(2008年春:定期会合)及び3研究会合同統計予測セミナー参加報告

 2008年4月23日、リスボンに於いてILZSG(国際鉛亜鉛研究会)の定期会合が開催された。以下、本稿ではILZSG及び3研究会(銅、鉛・亜鉛、ニッケル)合同の統計予測セミナーの概要について報告する。本研究会の会合は、新加盟国であるブラジルを加えたILZSG加盟23か国、EU本部、オブザーバ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ニッケル

国際鉛亜鉛研究会(2007年秋:定期会合)及び合同リサイクルセミナー概要報告


.single .single_box__inner td{
border: none;}


 2007年10月1日~10月5日の間、リスボンに於いて国際非鉄金属研究会(銅、ニッケル、鉛亜鉛)の各定期会合、ニッケル及び鉛亜鉛研究会については総会が開催された。 以下、本稿では10月4日~5日にリスボ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛

国際銅研究会第15回総会参加報告-2007年、2008年は供給過剰幅が更に拡大の見通し-

 国際銅研究会第15回総会(総会議長:朝日資源エネルギー庁鉱物資源課長)が、2007年5月15日~16日、ポルトガル(リスボン)において開催された。 今回の総会には、加盟国14か国・地域、オブザーバーとして、ブラジル、イラン、ナミビア、UNCTADが参加、この他に、銅関係の政府・民間関係者が参加し、銅の需給の現・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル

国際鉛亜鉛研究会2006年春季会合及び3研究会合同環境経済委員会参加報告-2006年亜鉛の供給不足は拡大へ-

 国際鉛亜鉛研究会の春季会合が、2006年4月25日~26日、ポルトガル(リスボン)において開催された。今回の会合は、3研究会事務局統合後、初めての会合、加盟20か国、オブザーバーとしてブラジル、国際機関が参加、この他に鉛・亜鉛関係の政府・民間関係者(日本側の民間としては、三井金属鉱業、住友金属鉱山、日本鉱業協・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛

マケドニアの亜鉛鉱山、米企業が落札

 Dow Jones Reuters社がSee News発として9月6日に報じたところによれば、Trafalgar Resources社(米)がZletovoとToranicaの2つの亜鉛・鉛鉱山の唯一入札者であり、鉱山債権者委員会はこれを受け入れたことをマケドニア経済省は明らかにした。入札価格はToranica鉱山が・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋

マケドニアの国営亜鉛鉱山の売却状況:1鉱山は売却、2鉱山は再入札へ

 8月23日付けSouth East Europe Newswireによれば、マケドニア政府が所有する鉛・亜鉛鉱山のうち、Sasa鉛・亜鉛鉱山はスロベニアの事業家Blazo Tasev氏に売却された。Zletovo鉛・亜鉛鉱山とToranica鉛・亜鉛鉱山については7月27日に締め切られた入札で落札されず、経済省により・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ