閉じる

オーストラリア連邦オーストラリア連邦(Australia)

面積(k㎡):
7,741,220
海岸線延長(km):
25,760
人口(百万人):
23.5
人口密度(人/k㎡):
3.0
GDP(bUS$):
1,380.00
一人当たりGDP(US$):
58,798.10
主要鉱産物:鉱石:
鉄鉱石、銅、鉛、亜鉛、ニッケル、金、銀、ボーキサイト、イルメナイト、ルチル、ジルコン、リチウム、ウラン
主要鉱産物:地金:
アルミニウム、銅、金、鉛、鉄、ニッケル、銀、亜鉛
鉱業管轄官庁:
連邦政府: Department of Industry, Innovation and Science NSW州: Department of Plannning, Industry and Environment QLD州: Department of Natural Resources, Mines and Energy SA州: Department for Energy and Mining TAS州: Department of State Growth VIC州: Department of Jobs, Precincts and Regions WA州: Department of Mines and Petroleum NT準州: Department of Primary Industry and Resources
鉱業関連政府機関:
Geoscience Australia (GA)、Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization (CSIRO)
鉱業法:
NSW州: Mining Act 1992 QLD州: Mineral Resources Act 1989 SA州: Mining Act 1971 TAS州: Mineral Resources Development Act 1995 VIC州: Mineral Resources (Sustainable Development) Act 1990 WA州: Mining Act 1978 NT準州: Mineral Titles Act 2010
ロイヤルティ:
NSW州: ベースメタル4% (出荷価値) QLD州: ベースメタル2.5~5.0% (金属価格に応じたレート) SA州: ベースメタル精鉱5%、地金3.5% (評価価値) TAS州: ベースメタル1.9~5.35%(売上・利益ベース) VIC州: ベースメタル2.75% (市場価値) WA州: ベースメタル精鉱5.0%、金属2.5% (販売価格ベース) NT準州: ベースメタル20% (利益ベース)
外資法:
Foreign Acquisitions and Takeovers Act 1975
環境規制法 (環境影響調査制度、環境・排出基準の有無等):
連邦政府: Environment Protection and Biodiversity Conservation Act 1999 (EPBC Act)
NSW州: Protection of the Environment Operations Act 1997
QLD州: Environmental Protection Act 1994
SA州: Environment Protection Act 1993
TAS州: Environmental Management and Pollution Control Act 1994
VIC州: Planning and Environment Act 1987
WA州: Environmental Protection Act 1986
NT準州: Environmental Assessment Act 1994
鉱業公社(環境):
なし
鉱業活動中の民間企業:
BHP、Rio Tinto、Anglo American、Glencore、Newcrest Mining、Newmont Mining、Gold Fields、South32、OZ Minerals、Fortescue Metals Group、MMG、Iluka Resourcesほか多数
最終更新日:
2020年02月28日

1.鉱業一般概況

豪州は我が国の非鉄金属資源確保上、チリやペルーと並ぶ最重要国の一つである。石油・天然ガス・石炭・鉱物資源を含む資源産業が同国のGDPに占める割合は増加傾向にあり、豪州経済における資源産業の重要性は増している。

豪州の鉱物資源埋蔵量(2018)
鉱 種 豪 州(A) 世 界(B) (A)/(B)(%) ランク
イルメナイト(千t:TiO2量) 250,000 880,000 28.4% 1
ルチル(千t:TiO2量) 29,000 62,000 46.8% 1
ジルコニウム(千t: ZrO2) 42,000 73,000 57.5% 1
コバルト(千t) 1,200 6,900 17.4% 2
タンタル(t) 76,000 >110,000 <69.1% 1
ニッケル(千t) 19,000 89,000 21.3% 2
ボーキサイト(千t) 6,000 30,000 20.0% 2
マグネシウム化合物(千t) 320 8,500 3.8% 5
マンガン(千t) 99,000 760,000 13.0% 4
リチウム(千t) 2,700 14,000 19.3% 3
レアアース(千t) 3,400 120,000 2.8% 6
亜鉛(千t) 64,000 230,000 27.8% 1
鉛(千t) 24,000 83,000 28.9% 1
金(t) 9,800 54,000 18.1% 1
銀(t) 89,000 560,000 15.9% 3
錫(千t) 370 4,700 7.9% 5
鉄鉱石(百万t) 24,000 84,000 28.6% 1
銅(千t) 88,000 830,000 10.6% 2
ウラン(千t) (※) 1,818.3 6,142.2 29.6% 1

出典:Mineral Commodity Summaries 2019
※印はUranium 2018(<USD130⁄kgU)

2.政治経済

<略史>
1996~2007年 ハワード第1~第4期政権(自由党)
2007~2010年 ラッド政権(労働党)
2010~2013年 ギラード第1期・第2期政権(労働党)
2013年 ラッド政権(労働党)
2013~2015年 アボット政権(自由党)
2015~2018年 ターンブル第1期・第2期政権(自由党)
2018~2019年 モリソン第1期政権(自由党)
2019年5月~ モリソン第2期政権(自由党)

自由党及び国民党からなる保守連合と労働党の二大政党制による議院内閣制。連邦の立法権限は、外交・防衛・貨幣・通貨等の特定事項に限定されており、その他の事項は州が権限を有する。

2019年5月に行われた豪連邦議会選挙(上院の半数、下院の全議席が改選)では、野党労働党有利との選挙前の下馬評を覆して与党保守連合が勝利し、モリソン首相が政権を維持した。

3.鉱業政策

豪州の鉱物資源の所有権は、国民の代理として連邦政府、州・準州政府に帰属する。近年は、クリティカルメタルへの関心が高まっており、ニッケル・リチウム等のバッテリーメタルに関する戦略策定、プロジェクト実施に関する協定の締結等、バッテリーメタルおよびクリティカルメタルのサプライチェーンの確立に向けた動きが活発となっている。

また、近年は資源開発において気候変動対策や環境保全、地権者保護を重視する方針も強まっている。
鉱業法やロイヤルティは州ごとに、以下の通り定められている。

鉱業法
NSW州 Mining Act 1992
QLD州 Mineral Resources Act 1989
SA州 Mining Act 1971
TAS州 Mineral Resources Development Act 1995
VIC州 Mineral Resources (Sustainable Development) Act 1990
WA州 Mining Act 1978
NT準州 Mineral Titles Act 2010
ロイヤルティ
NSW州 ベースメタル4%(出荷価値)
QLD州 ベースメタル2.5~5.0%(金属価格に応じたレート)
SA州 ベースメタル精鉱5%、地金3.5%(評価価値)
TAS州 ベースメタル1.9~5.35%(売上・利益ベース)
VIC州 ベースメタル2.75%(市場価値)
WA州 ベースメタル精鉱5.0%、金属2.5%(販売価格ベース)
NT準州 ベースメタル20%(利益ベース)
ページトップへ