閉じる

ニュース・フラッシュ

米:加Li-Cycle社、米AL州にリサイクル工場を新設

 加Li-Cycle社は2021年9月8日付けプレスリリースの中で、米国南東部で急増するリチウムイオン電池(LIB)のリサイクル需要に対応するため、米AL州Tuscaloosa市に工場を新設する計画を発表した。使用済みLIBの回収については、同州に拠点を置く独Mercedes-Benz社と協力関係にある米Univar ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム グラファイト アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:Nouveau Monde Graphite社がGlobal Battery Allianceに加盟

 加Nouveau Monde Graphite社は2021年8月31日付けプレスリリースにおいて、世界経済フォーラムが主導するGlobal Battery Alliance(GBA)に加盟したことを発表した。GBAは官、民、国際機関等から成る業界最大級の国際アライアンスで、2030年までに持続可能なバッテリーバリュー・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:First Cobalt社が廃LIBからの有価金属抽出に成功

 加First Cobalt社は、2021年7月22日付けプレスリリースにおいて、使用済みリチウムイオン二次電池(LIB)を解体・破砕して得られる中間材料「ブラックマス」から、ニッケル、コバルト、銅、マンガン、リチウム、グラファイトを抽出することに成功したと発表した。同社は現在、加ON州において北米初となるコバルト精錬・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル マンガン リチウム グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:Nouveau Monde Graphite社、Matawinieグラファイトプロジェクトの環境許可を取得

 加Nouveau Monde Graphite社は、2021年2月10日付け同社ニュースリリースにおいて、QC州Matawinieグラファイトプロジェクトの環境許可(Environmental Decree)を取得したことを発表した。同プロジェクトでは、電気自動車(EV)やエネルギー貯蔵システム(ESS)向けの負極材・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

加:豪Metals Australia社、加QC州Lac RainyグラファイトプロジェクトのScoping Study結果を発表

 豪Metals Australia社は2021年2月3日、加QC州Lac RainyグラファイトプロジェクトにおけるScoping Studyの結果を発表した。調査結果によると、同プロジェクトの資源量は13.3百万t(総炭素品位11.5%)、マインライフ14年間に最大96,000t/年の精鉱を生産し、初期投資額は18・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

米:AK州Graphite Creek、優先度の高いインフラプロジェクトとして承認される

 加Graphite One社は2021年1月15日、米AK州に保有するGraphite Creekプロジェクが連邦許可改善運営委員会(FPISC)によって優先度の高いインフラプロジェクト(HPIP)として承認されたと発表した。同プロジェクトは、2019年10月にAK州Mike Dunleavy知事によってHPIPに推・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

米国における重要鉱物対策

<ワシントン事務所 石田滋陽 報告>

はじめに
2019年6月4日、米国政府は「安全で信頼できる重要鉱物の供給に向けた連邦政府戦略」を発表した。2017年12月の大統領令から1年半を経て、公表に至ったものである。折しも、中国が米国へのレアアース輸出制限を検討しているとの報道がなされていたところであり・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) アンチモン インジウム ガリウム クロム ゲルマニウム コバルト シリコン(ケイ素) ストロンチウム セシウム タングステン タンタル チタン ジルコニウム テルル ニオブ ニッケル ハフニウム バナジウム ビスマス ヒ素 ベリリウム マグネシウム マンガン モリブデン リチウム レニウム ジスプロシウム スカンジウム セリウム ネオジム ランタン サマリウム レアアース/希土類 グラファイト フッ素/蛍石 カリウム ウラン アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ワシントン

米:米上院、電池関連金属の国内供給率維持を目的とした法案を検討

 2019年5月13日付けメディア報道によれば、Lisa Murkowski共和党上院議員らによる超党派のグループは、米国内産業のサプライチェーンを守り、原材料の過度な海外依存を減少させることを目的とした法案「金属保護法」(American Minerals Security Act)への支持を表明した。現在、法案は上・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム レアアース/希土類 その他 グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

加:Nouveau Monde社、オール電化のグラファイト鉱山を計画

 2018年4月17日付けメディア報道によれば、QC州Matawinieグラファイトプロジェクトを実施中のNouveau Monde Graphite社は、同プロジェクトに対するFSは鉱山の完全電化を想定したものであることを発表した。
 同社の説明によれば、完全電化を想定した場合、初期投資額は2017年のプレFSで見・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

米:豪Syrah Resources社、米LA州でのグラファイト処理工場建設のための土地借款契約が地元住民の懸念を理由に解除される

 2018年1月10日付のメディアによると、モザンビークのBalama鉱山におけるグラファイト生産を2017年12月に開始し、米国でバッテリーアノード材の生産を計画している豪Syrah Resource社は、米LA州ニューオーリンズ近郊に位置するPort Manchacにおいて締結したグラファイト処理工場建設のための土・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ