閉じる

ニュース・フラッシュ

ボリビア:Minera San Cristobal社、マインライフ延長を鉱業冶金大臣に報告

 鉱業冶金省の発表によると、2021年9月9日、Villavicencio鉱業冶金大臣は、Minera San Cristobal(MSC社)の代表者と会合を行い、San Cristobal亜鉛・鉛・銀鉱山のマインライフの延長についての報告を受けた。MSC社のPinto渉外担当課長は「鉱山を2050年まで持続させるとい・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:金採掘協同組合組織、首都La Paz市内で2日間の抗議を実施

 現地紙各紙によると、金採掘地域鉱業協同組合連合(FERRECO)、La Paz北部金採掘鉱業協同組合連合(FECOMAN-La Paz)は、鉱業冶金省と傘下の組織が、金の採掘を巡って2021年6月から続いているラパス北部Mapiriでの協同組合、地元コミュニティ、農民、先住民の衝突の解決等の要求に応えなかったとして、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:鉱業冶金大臣、Mesa de Plata鉱床への投資についてコメント

 2021年7月23日付け現地紙によると、Villavicencio鉱業冶金大臣は、Potosí県のMesa de Plata鉱床の埋蔵量確定のため、現在調査が行われており、その後企業との提携による投資が必要となるが、同鉱床の探査作業には数mUS$の投資が必要であると報告した。また同大臣は、San Cristóbal亜・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:鉱業冶金大臣、鉱業分野の再活性化について報告

 2021年7月6日付け鉱業冶金省の発表によると、Villavicencio鉱業冶金大臣は、Oruro県のメディアによるインタビューで、同省による鉱業分野の再活性化について報告した。同大臣は、錫、亜鉛、銅、金、銀等の国際価格が2020年に比べて最大100%上がったとして、この好況を利用することの重要性を述べ、その流れで・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:COMIBOL総裁、Mesa de Plata – Machu Socavón多金属プロジェクトについて説明

 2021年7月1日付けボリビア鉱山公社(COMIBOL)のニュースリリースによると、Eugenio Mendoza Tapia COMIBOL総裁は、Carlos Herbert Riera Kilibardaプロジェクト・探査局長と共にCOMIBOL本部で行われた記者会見に臨み、Mesa de Plata - Ma・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:国内2プロジェクトの開発に関心のある企業がCOMIBOLに提案書を提出

 2020年10月29日付け地元紙によると、同月28日と29日、ボリビア鉱山公社(COMIBOL)において、Mallku Khota銀・インジウムプロジェクト開発に関心を示した1社(Minera Silver Elephant Bolivia社)と、Amayapampa金プロジェクトに関心を示した4社(Minera I・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 インジウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:2019年の鉱物輸出額は4,250mUS$、輸出総額の48%を占める

 2020年5月26日付け地元紙によると、ボリビア貿易研究所(IBCE)は、2019年の鉱物輸出額は4,250mUS$で、国の輸出総額の48%に相当し、2006年以降の最高額となったと報じた。輸出を牽引したのは金、亜鉛、銀で、主な輸出先はアラブ首長国連邦(鉱物輸出額849mUS$)、インド(同741mUS$)、次いで日・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ボリビア中央銀行、協同組合連合から金購入の可能性を示唆

 2019年7月31日付け地元紙によると、ラパス県北部の金採掘の協同組合連合(Federación Regional de Cooperativas Mineras Auríferas、Ferreco)は、ボリビア中央銀行(BCB)が外貨準備として協同組合から金を購入することに異論はないが、購入にあたり、BCBは市場価・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:2019年1~4月の鉱業ロイヤルティ収入、12%下落

 2019年6月15日付け地元紙によると、鉱業冶金省のデータとして、本年1月から4月までの鉱業ロイヤルティ収入は382.1mBOB(ボリビアーノス:約54.90mUS$)で、前年同期比12%下落したと伝えた。県別に見ると、Potosi県は17.4%減、La Paz県は25.3%減、Oruro県は12.6%減と鉱業県の数・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:2018年第1四半期の鉱物輸出額

 2018年7月18日付け地元紙は、鉱業冶金省のデータによれば、2018年第1四半期の鉱物の輸出額は668.2mUS$で、前年同期比で24%増となったと伝えた。亜鉛、金、アンチモン、鉛、タングステンの輸出が好調で、錫、銀、銅等は不調であった。輸出の67.8%がアジア14か国に向けられ、その内訳は、韓国184.9mUS$・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン タングステン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ