閉じる

ニュース・フラッシュ

ボツワナ:Khoemacau銅・銀鉱山、精鉱生産のマイルストーンを達成

 2021年7月20日付け、米Fluor社の発表によると、同社がエンジニアリング・調達・建設を請負うボツワナKhoemacau銅・銀鉱山が同鉱山の建設から操業(精鉱生産)に移行したことを発表した。同プロジェクトはボツワナKalahari銅ベルトに位置し、フル操業になれば平均で銅62千t/年及び銀1.9百万t/年を含む精・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3 Motheo銅・銀鉱床、採掘ライセンスを取得

 2021年7月7日付け豪Sandfire Resources社の発表によると、同社はボツワナT3 Motheo銅・銀鉱床プロジェクトの採掘ライセンスを取得した。同プロジェクトは、ボツワナからナミビアにかけて連続するKalahari銅ベルトに位置するプロジェクトである。既に、アクセス道路やキャンプなどの現場建設作業を実・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3 Motheo銅・銀鉱床、露天採掘サービスのコントラクターを選定

 2021年6月9日付け豪Sandfire Resources社の発表によると、同社が開発中のボツワナT3 Motheo銅・銀鉱床について、露天採掘を行うサービス会社として入札プロセスを経てAfrican Mining Services(AMS)社を選定した。本契約の期間は7年3か月、金額は496mUS$の発注となる。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:Khoemacau銅・銀鉱山、6月中に生産開始

 2021年6月3日付けメディアによると、米PEファンドCupric Canyon社は、ボツワナKhoemacau銅・銀鉱山の操業を6月中に開始する。同鉱山はボツワナKalahari銅ベルトに位置し、現在精算中の銅鉱山を除けば、同国唯一の稼働中の銅鉱山になる。精鉱の出荷は2021年第3四半期中に行われる予定。2021年・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3 Motheo銅・銀鉱床の開発決定を発表

 2020年12月1日付け豪Sandfire Resources社の発表によると、ボツワナKalahari銅ベルトに位置するT3 Motheo銅・銀鉱床について、初期設定3.2百万t/年の処理容量での最終FSを完了し、本結果を受けて初期投資額259mUS$の開発決定を行った。最終FSでは、マインライフ12.5年、埋蔵量・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3銅・銀鉱床の生産開始を2023年はじめで検討

 2020年11月4日付けメディアによると、豪Sandfire Resources社CEO Karl Simich氏が、Africa Downunder Conferenceの講演の中で、ボツワナT3銅・銀鉱床の開発に言及し、2023年初めまでに銅精鉱の出荷を開始することを検討しているとした。また、FSの更新を数週間の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3銅鉱山の開発、影響評価に係るパブリックコメントの手続きに入る予定

 2019年8月27日付け、豪MOD Resources社の発表によると、ボツワナにある同社所有のT3銅露天掘り鉱山の許可プロセスの一環として、MOD社は、環境・社会影響評価を公表し、パブリックコメントを受ける予定。T3銅鉱山の影響を受ける可能性のある関係者は、4週間以内に国の環境部局にコメントを提出する必要がある。M・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3銅鉱床を所有するMOD社の買収に豪Sandfire社がオファー

 2019年6月25日付け豪鉱山会社Sandfire Resources NLの発表によると、ボツワナにてT3銅鉱床を所有する豪MOD Resources社を167mA$相当の評価額で買収を進めている。MOD社がボツワナに持つT3銅鉱床は、カラハリカッパーベルトに位置し、年銅生産量28千t、銀1.1百万ozの操業でマイ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:Molopoニッケル・白金族プロジェクトに豪ジュニアAfrican Battery Minerals社が参入

 2019年5月13日付け豪African Battery Minerals社(ABM)の発表によると、同社はボツワナの白金族・ニッケル探鉱プロジェクトについてEarn-in契約を締結した。対象となるMolopo Farms Complexプロジェクトは3鉱区(総面積2,725km2)からなる広範囲な地域の初期段階であ・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3銅・銀鉱床のFSを終了、2021年からの生産を目指す

 2019年3月28日付け豪・英MOD Resources社の発表によると、ボツワナ東部に位置するT3銅・銀鉱床のFSを終了し、資本コスト182mUS$を見込むとのこと。埋蔵量34.4百万t(品位:Cu 1.0%、Ag 13.2g/t)であり、露天採掘で、マインライフ11.5年を想定し、平均して銅量2.8万t/y、銀1・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ