閉じる

ニュース・フラッシュ

コロンビア:鉱山エネルギー大臣、27種の鉱物の輸出促進に言及

 2021年5月17日付け現地紙によると、Diego Mesa鉱山エネルギー大臣は、国の経済の再活性化に鉱業セクターは重要な役割を担うとし、従来から進めている採掘鉱物の多様化、先端技術の適用、環境に配慮した生産活動などを促進し、27種の鉱物の欧州、アジア、南米、米国といった市場への輸出に力を入れる、と述べた。
 戦略・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ クロム シリコン(ケイ素) タングステン タンタル ニオブ マグネシウム マンガン リン フッ素/蛍石 カリウム ウラン 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

コロンビア:国家環境ライセンス庁、Soto Norte金プロジェクトの環境ライセンス評価を取りやめ

 2020年10月13日付け地元業界紙によると、Sociedad Minera de Santander(MINESA)社がSoto Norte金プロジェクト開発のために提出した環境ライセンスについて、国家環境ライセンス庁(ANLA)が評価を実施しない決定をしたことを受けて、同社は正式な通知を受けた後に精査し、異議申し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:Santurban高山気候(パラモ)地帯付近での鉱業プロジェクトに対し訴訟

 2020年9月2日付け地元紙によると、Santurban高山気候地帯保護委員会は、国、環境省、国家環境ライセンス庁(ANLA)、Bucaramanga高地保護地方自治公社(CDMB)、Minera de Santander(Minesa)社に対する集団訴訟を起こした。
 同委員会のHernan Morantes氏は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:Zijin Mining社、2020年下半期にBuriticá金鉱山の活動開始を計画

 2020年7月9日付け地元紙は、Zijin Mining社が2020年下半期に計画通りBuriticá金鉱山の活動を開始すれば、コロンビアで最初の中国企業が所有する鉱山となると伝えた。Buritica金鉱山はMedellinから100kmほどに位置し、2020年1月28日、Continental Gold社がZiji・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:Antioquia行政裁判所、Jericó市での採掘禁止決定を停止

 2019年9月17日付け地元紙によると、Antioquia行政裁判所は、Antioquia県Jericó市における中規模および大規模の探査、開発および採掘活動の禁止を定めた自治体合意2018-010号の効力を停止した。過去の判決では、Antioquia行政裁判所が、2017年12月12日に同自治体合意2017-09号・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:Fortesqueu Metals Group社、コロンビアに進出、将来的な開発を目指し探鉱に取り組む

 2019年4月11日付け地元紙によると、Fortesqueu Metals Group社(FMG社、豪州)は同社Webサイトにおいて、国家鉱業庁(ANM)に対し金や銅の探鉱を目的とした合計64件の鉱区申請を行ったことを明らかにした。
 FMG社は、南米において探鉱や生産の機会を評価するためのプログラムを実施しており・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:アラブ首長国連邦、コロンビア鉱業に対して1,000百万US$の投資を計画

 2017年11月12日付け地元紙によると、アラブ首長国連邦を訪問したSantos大統領は、同国からコロンビアに対して1,000mUS$の投資が行わること、本投資によりコロンビアの金生産量が倍増する見通しを明らかにした。
 本件についてArce鉱山大臣は、アラブ首長国連邦がParamo地帯Santurbanの境界線下・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:Gran Colombia Gold社、Segovia金鉱山2026年まで操業継続

 2017年8月16日付け地元紙によると、Gran Colombia Gold社(本社トロント)CEOのParedes氏は、2017年上半期の同社業績は、操業・財務の両側面において当初の見通しに沿った成果を達成することができたと述べた。さらに、Segovia金鉱山のマインライフが4年延長され2026年まで操業を継続する・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:金の違法採掘、1,200mUS$を動かす

 2017年8月1日付け地元紙によると、コロンビア鉱業協会(ACM)は、同国における違法鉱業による金の生産量と輸出額は全体の8割を占め、年間1,200mUS$を動かしていると伝えた。
 金の採掘は主にAntioquia県のSegovia、Remedio及び Buriticáの3地域で行われ、SegoviaとRemed・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:524人の鉱山労働者、水銀使用中止に合意

2017年7月13日付け地元紙によると、Antioquia県庁と国立職業訓練所(SENA)は、鉱山エネルギー省の立ち会いのもとで協定書に調印し、水銀利用の根絶を目的とした同県のインフォーマル鉱山労働者524人が合法化プロセスを開始することが決定された。水銀の使用は2018年7月以降、法律で全面禁止となる。
本協定には・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ