閉じる

ニュース・フラッシュ

国際学会『Mine Closure 2015』参加報告—海外における自然力活用型坑廃水処理技術(パッシブトリートメント)の研究・導入状況—

 2015年6月1~3日、カナダ・バンクーバーにて開催された国際学会『Mine Closure 2015』に参加し、世界の鉱害防止に関する最新の技術動向を始めとした情報収集を行った。 Mine Closureは鉱山開発後の閉山処理、開発用地の回復、閉山と地域住民との関係、生態系の回復などを主なテーマとしており、・・・ 続きを読む
鉱種:

日系金属鉱山「Tizapa鉱山」操業開始20年経過後の現状と地域への貢献




 現在メキシコには相当程度の金属鉱山が操業しているが、日系企業が資本参加している金属鉱山は亜鉛を中心にベースメタルを生産するTizapa鉱山のみである(1)。本鉱山は、1994 年に開発が完了し操業を開始して以来今年で20 年が経過する。この間、経済不況等に伴う金属市況の低迷による影響が・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛

「国際資源ビジネスサミット(J-SUMIT)」講演会報告(その2)-白金族・ニッケルセッション及びマイナーメタルセッション-

 JOGMECは、日本企業によるアフリカ等への資源開発投資の促進及び我が国の最先端技術と資源開発分野とのビジネスマッチングを目的として、経済産業省との共催により、日本で初となる国際的な資源フォーラム「国際資源ビジネスサミット(通称:J-SUMIT;Japan Sustainable Mining, ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル

セミナー報告「Excellence in Exploration &Mining 2008」

 9月14~16日の3日間、シドニー市内で探査鉱業投資セミナー「Excellence in Exploration & Mining 2008」が開催された。 セミナーは、NSW州一次産業省、ASX(豪州証券取引所)、シドニー鉱業クラブ等16社によるスポンサー、Mining Journal誌等15・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 タングステン ニッケル

ILZSG(2008年春:定期会合)及び3研究会合同統計予測セミナー参加報告

 2008年4月23日、リスボンに於いてILZSG(国際鉛亜鉛研究会)の定期会合が開催された。以下、本稿ではILZSG及び3研究会(銅、鉛・亜鉛、ニッケル)合同の統計予測セミナーの概要について報告する。本研究会の会合は、新加盟国であるブラジルを加えたILZSG加盟23か国、EU本部、オブザーバ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ニッケル

第39回 ウラングループ会議について


.single .single_box__inner td{
border: none;}


1. はじめに カザフスタンの旧都アルマティにおいて、2006年8月28-29日に第39回ウラングループ会合が、8月30-31日にウラン鉱床のIn-Situ Leachingに係る技術会合が開催された。筆者は・・・ 続きを読む
鉱種:

モーリタニア国鉱業投資促進セミナー参加報告-MAURITANIAN DAY ; Investment Seminar for the Islamic Republic of Mauritania-


.single .single_box__inner td{
border: none;}


 モーリタニア国鉱業投資促進セミナー -Mauritania Day-(Association of Mining Analyst:AMA主催)が3月1日にロンドンで開催され、主催国であるモーリタニア国か・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ タングステン チタン ニッケル

BHP Billiton社、WMC社買収に成功―WMC社買収までの駆け引き―

 6月3日、夜、BHP Billiton社はWMC社株式の70%以上を取得し、WMC社買収に成功した。2004年10月のXstrata社(スイス資本)による買収提案にはじまり、2005年3月8日、BHP Billiton社の買収発表、その後もRio Tinto社、Inco社、中国企業、フランス企業と様々・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ