閉じる

ニュース・フラッシュ

米:環境保護庁、水質浄化法に基づく拒否権発動プロセスを再導入し、米AK州Bristol湾流域を恒久的に保護へ

 米国環境保護庁(EPA)は2021年9月9日、連邦地方裁判所による判決に従い、2019年にトランプ政権下で撤回された水質浄化法(CWA)第404(c)条に基づく拒否権発動プロセスを再導入する方針であることを発表した。米Pebble Limited Partnership社(加Northern Dynasty Mine・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

メキシコ・米・加:メキシコで活動を行う複数企業が2021年の予算計画を変更、計185mUS$の削減が見込まれる

 2021年8月12日付け専門誌によると、米Southern Copper社、墨Fresnillo社をはじめとする複数企業が2021年のCAPEX予算削減を発表しており、削減額合計は少なくとも185mUS$にのぼると報じた。最も大幅な修正となったのは墨Fresnillo社で、同社は8月に当初の予算額から100mUS$減・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

米:Jervois Mining社、米ID州のコバルトプロジェクトへの最終的な投資を決定

 豪Jervois Mining社は、2021年7月6日付けのプレスリリースにおいて、米ID州のコバルト事業(Idaho Cobalt Operations:ICO)に対する最終投資決定が行われたことを発表した。同社は同年7月5日付けで100mUS$の社債を発行しており、本資金はICOの建設に充てられる。同社は、202・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

米:加Northern Dynasty社がPebble銅・金プロジェクトのESG報告書を公表、議論を進展させる狙い

 加Northern Dynasty Minerals社は、2021年4月27日付けのニュースリリースにて、同社の100%子会社である米Pebble Limited Partnership社が米AK州で保有するPebble銅・金プロジェクトに係るESG報告書を公表した。報告書では同社のESG方針を主軸に、同社が権益を取・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

2020年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2020年は、1月中旬に米中貿易摩擦に関する貿易交渉の「第1段階の合意」に至り、金属市場を取り巻く政治・経済動向はひとまずの落ち着きを見せたのも束の間、新型コロナウイルス感染症(以下、「コロナ」という。)が金属鉱物資源のみならず、全ての「ヒト」や「モノ」の動きを・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 プラチナ パラジウム レアメタル コバルト ニッケル リチウム 鉄鉱石
海外事務所:
金属企画部

米:ゴールドマンサックス、新たな太陽光エネルギー計画により銀価格の上昇を予想

 現地報道によれば、ゴールドマンサックスが公表した二つの研究報告にて、同社アナリストは、銀は太陽光エネルギーに転換する際、最も得る利益が多い鉱種であり、投資関係者は米ドルを売却し銀を購入すべきであると指摘した。同社アナリストSprogis氏は、「現在、銀価格は1ozあたり24US$であり、今後数か月において、太陽光エネ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

米:Northern Dynasty社はPebble銅・金プロジェクトの影響緩和計画を数週間以内に提出する予定

 米AK州のPebble銅・金プロジェクトは、Bristol湾流域の環境に甚大な影響をもたらす恐れがあり、適切な影響緩和計画が欠落していると陸軍工兵隊(USACE)により指摘されたことを受け、加Northern Dynasty Minerals社は、数週間以内に包括的管理計画を提出するとした。
 Northern D・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

米:米AK州のPebble銅・金プロジェクトで環境影響評価書の最終版が発行される

 加Northern Dynasty Minerals社が米AK州で保有するPebble銅・金プロジェクトに対し、米陸軍工兵司令部は本プロジェクトを支持する環境影響評価書(EIS)の最終版を発行した。これを受けてNorthern Dynasty社は早ければ8月下旬にも連邦政府からの許認可取得を期待できる。
 オバマ政・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

加・米:SSR Mining社がAlacer Gold社を全額株式交換により2.4bC$で買収

 加SSR Mining社は、買収プレミアムなしの全額株式交換によりデンバーに拠点を置くAlacer Gold社を2.4bC$で買収する。Alacer社株式一株当たりの取引額は、8.19C$に相当する。SSR社は主に加、米、アルゼンチンで金・銀鉱山を操業し、Alacer社はトルコで金鉱山を操業しており、今回の買収でSS・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ