閉じる

ニュース・フラッシュ

インドネシア:PT Trinitan、製錬所の生産能力を拡大へ

 2019年10月11日付け地元メディアによると、PT Trinitan Metals and MineralsのChristopher Liawan財務部長は、西Java州Bogor県に位置する湿式冶金製錬所の生産能力を39.7千t/年から56.7千t/年に拡大することを明らかにした。同社の主要製品は鉛とアンチモンで・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン ニッケル ビスマス
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インド:Hindustan Zinc社、事業多角化の方針で銅、金等を生産へ

 2019年7月23日付け地元メディアによると、インド亜鉛・鉛大手Hindustan Zinc社は、事業内容の多角化を図り収益性を向上させる方針を明らかにした。具体的には、従来生産している亜鉛、鉛、銀の3鉱種に加えて、銅、金、アンチモン、ビスマス及びカドミウム等の生産事業に参入する計画である。同社のSunil Dugg・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン カドミウム ビスマス
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

中国:攀枝花西部地域のテルル・ビスマス等戦略的資源の創新開発モデル地域の設立を許可

 安泰科によれば、攀枝花市発展改革委員会からの情報によると、中国国家発展改革委員会事務会議で攀枝花西部地域の戦略的資源の創新開発モデル地域の設立が承認された。これは、中国が初めて設立認可した資源開発総合利用モデル地域である。 同モデル地域には、攀枝花市東部地区、西部地区、仁和区、米易県、塩辺県、涼山州西昌市、冕寧県、徳・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル テルル ビスマス
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦

中国政府、またもや輸出増値税還付率を調整-2007年7月1日から

 財政部、国家税務総局は国務院の承認を経て、国家発展計画委員会、商務部、税関総署と連携して「一部の商品に関する輸出増値税還付率の引き下げに関する通達」財税「2007」90号を2006年6月19日に公布した。通達の狙いは① 輸出の急激な増加の抑制、② 中国の貿易黒字がもたらす問題点の緩和、③ 輸出商品構成の改善、・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 クロム ゲルマニウム コバルト タングステン タンタル チタン ニッケル バナジウム ビスマス ベリリウム マグネシウム マンガン アルミニウム/ボーキサイト

中国政府、輸出増値税還付率調整-2006.9.15から

 財務部、国家発展改革委員会、商務部、税関総署及び国家税務総局の5機関は共同で9月14日に輸出時に適用される増値税の還付制度を廃止する品目、還付率を引き下げる品目及び還付率を引き上げる品目を明記した財税「2006」139号「一部商品の輸出増値税還付率調整及び加工貿易類禁止商品追加に関する通達」を公布した。併せて・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン クロム コバルト タリウム タングステン タンタル チタン ジルコニウム ニッケル ビスマス ベリリウム マグネシウム

中央アジア地域の鉱業開発状況に関するセミナー参加報告- Central Asian Day –

 中央アジア地域の鉱業開発状況に関するセミナー -Central Asian Day-(Mining Journal誌主催)が6月6日にロンドンで開催され、中央アジア地域で積極的に金鉱開発プロジェクトを推進するAvocet Mining社(本社英国)、Alhambra Resource社(本社カナダ)、Euro・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン クロム タングステン ニッケル ビスマス マンガン
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ