閉じる

ニュース・フラッシュ

ロシア:Tomtorレアアース鉱床開発、55bRUB以上の投資が必要

 2020年2月27日付の地元報道等によると、Tomtorレアアース鉱床(サハ共和国)開発の投資総額は55bRUB以上となる。これまでにThreeArc Mining社は同プロジェクトに約4bRUBを投資している。鉱床開発には、Buranny鉱区における鉱石採掘と、その鉱石を処理する湿式製錬コンビナート(ザバイカリエ地・・・ 続きを読む
鉱種:
ニオブ スカンジウム テルビウム ネオジム プラセオジム イットリウム レアアース/希土類
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:2020年からレアメタル採取税を4.8%に引き下げへ

 2019年8月2日付けの地元報道等によると、プーチン大統領は、レアメタル採掘への投資促進のため、レアメタルの採取税を4.8%へ引き下げる法案に署名した。本改正法に従い、2020年1月1日から、主要成分として固有鉱床を形成するレアメタル、随伴鉱物(固有鉱床を形成する他のレアメタル鉱石、他の鉱物の鉱石、多成分複雑鉱に含ま・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル インジウム カドミウム ガリウム ルビジウム ゲルマニウム ストロンチウム セシウム セレン タリウム タンタル チタン ジルコニウム テルル ニオブ ハフニウム バナジウム ビスマス ベリリウム リチウム レニウム ジスプロシウム スカンジウム ツリウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ホルミウム ユウロピウム ランタン ルテチウム イッテルビウム エルビウム ガドリニウム サマリウム レアアース/希土類
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシアのレアメタル・レアアース戦略について




 中国では「鉱山から磁石まで」のサプライチェーン構築戦略の一環として、戦略備蓄のほか、大手国営メーカーを中心にレアアース生産を再編統合しつつある。一方、米国ではMolycorpが2011年にエストニアの企業Silmet(レアアース分離・高純度化)を、2012年には技術力を有するNeo Mat・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム スカンジウム ツリウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ホルミウム ユウロピウム ランタン ルテチウム イッテルビウム イットリウム エルビウム ガドリニウム サマリウム レアアース/希土類

2011年金属鉱物資源分野の10大ニュース

 JOGMEC金属企画調査部は、2011年の世界の金属鉱業情勢を概観し、金属鉱物資源分野における10大ニュースを次のとおり選定し、それらについてまとめた。No. 1 東日本大震災と生産障害No. 2 福島第一原発事故とウラン海外資源開発No. 3 中国レアアースの価格高騰No. 4 日本企業とJOG・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム レアアース/希土類

北米市場アナリストによるレアアース需給分析と産学官の取り組み

 レアアースを始めとするいわゆるクリティカル資源に対する関心の高まりは、北米も例外ではない。国防産業を筆頭にレアアース製品等の一大消費地であり、かつレアアース供給地ともなりつつある米国や、将来の一大レアアース供給地となり得るポテンシャルを有するカナダでは、サプライチェーンを構成する企業、それら企業へ・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム スカンジウム テルビウム セリウム ネオジム ランタン レアアース/希土類

金属資源開発本部企画調査部が選ぶ2007年10大ニュース

 JOGMEC金属資源開発本部企画調査部では、金属鉱業分野における情報収集、分析、発信業務を行っているが、それらの2007年の情報収集業務の成果から、2007年の10大ニュースを以下のとおり選定した。 1. 非鉄金属価格の高騰が続く 2. 進む鉱業界の寡占化 ・・・ 続きを読む
鉱種:
テルビウム ネオジム レアアース/希土類
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ