閉じる

ニュース・フラッシュ

チリ・ペルー:Hochschild Mining社、チリAclaraレアアースプロジェクトの生産開始見通しを発表

 2021年9月9日付け現地紙によると、ペルーに拠点を置くHochschild Mining社は、2019年に同社が100%の権益を取得したチリBiolantanidos社のBiolantanidoレアアースプロジェクトを、Aclaraプロジェクトへと名称変更したほか、2023年の生産開始を見込んでいることなどを発表し・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 ジスプロシウム テルビウム ネオジム
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ブラジル:WMR社、Bahia州でネオジムを含むレアアース鉱床の開発を計画

 メディア報道によると、World Mineral Resources社(WMR)は、Bahia州でネオジウムを含むレアアース鉱床を発見し、近くブラジル政府鉱山動力省鉱物資源局(DNPM)に報告するという。同社は、Bahia州の東部(121,000 ha)及び西部(21,000 ha)にレアアース鉱区を保有し、埋蔵量は・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム レアアース/希土類
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
神谷夏実

2011年金属鉱物資源分野の10大ニュース

 JOGMEC金属企画調査部は、2011年の世界の金属鉱業情勢を概観し、金属鉱物資源分野における10大ニュースを次のとおり選定し、それらについてまとめた。No. 1 東日本大震災と生産障害No. 2 福島第一原発事故とウラン海外資源開発No. 3 中国レアアースの価格高騰No. 4 日本企業とJOG・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム レアアース/希土類

北米市場アナリストによるレアアース需給分析と産学官の取り組み

 レアアースを始めとするいわゆるクリティカル資源に対する関心の高まりは、北米も例外ではない。国防産業を筆頭にレアアース製品等の一大消費地であり、かつレアアース供給地ともなりつつある米国や、将来の一大レアアース供給地となり得るポテンシャルを有するカナダでは、サプライチェーンを構成する企業、それら企業へ・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム スカンジウム テルビウム セリウム ネオジム ランタン レアアース/希土類

2010年金属鉱物資源部門の十大ニュース






 JOGMEC金属企画調査部は、2010年の世界の金属鉱業情勢を概観し、金属分野における十大ニュースを次のとおり選定し、以下に、それらについて解説する。

 No.1 金属価格の高騰
 No.2 中国レアアース囲い込み
 No.3 新たな鉱産資源課税表面化(豪州資源税新設、チ・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム ランタン レアアース/希土類
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ