閉じる

ニュース・フラッシュ

ナミビア:Rosh Pinah鉛・亜鉛鉱山、太陽光発電からの電力購入契約を締結

 2021年4月7日付け加Trevali Mining社の発表によると、同社が90%シェアを持つナミビアRosh Pinah鉛・亜鉛鉱山への電力供給のために、エネルギーサービス会社EMESCOと太陽光発電からの電力購入契約(PPA)を締結した。EMESCO社は、南部アフリカにて商業ベースで再生可能エネルギー資産の開発、・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Kabwe鉛鉱山周辺住民がAnglo American SAを南ア高裁に提訴

 2020年10月21日付けメディアによると、ザンビアKabwe鉛鉱山周辺の住民が、Anglo American South Africaを相手に、鉛中毒に関する集団訴訟を南アGaugten高裁に提訴した。集団訴訟を担当する弁護団によると、Kabwe地方にて鉛汚染の被害を受けた住民は10万人以上に上り、この鉛汚染は、K・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

北マケドニア:Sasa廃滓貯蔵施設で漏洩発生

 2020年9月14日及び17日付けのプレスリリースによると、英Central Asia Metals社は北マケドニアのSasa廃滓貯蔵施設から地元の河川に短期的な漏洩があったと発表した。漏洩は直ちに止められ、人的被害は発生していないとしている。北マケドニアの環境当局からの承認を受けて、Sasa鉱山及び処理施設は操業を・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

2019年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2019年は、米中貿易摩擦の激化や中国経済の成長鈍化を受け、資源価格はベースメタルを中心として下落傾向が続いた一方で、年央からは資源国による高付加価値化政策や計画停電の影響等による需給のタイト感から一部のレアメタルについては価格が高騰するなど、金属市場を取り巻く・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 PGM(白金族) プラチナ パラジウム コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
金属企画部

タンザニア:中国・皇唐公司、タンザニアで鉛蓄電池生産事業に投資

 タンザニア現地マスコミの報道によれば、中国企業皇唐公司は、タンザニアPwani州で630kUS$を投入し、鉛蓄電池回収・生産工場を設立した。生産規模は3~4千t/年を設定しており、2021年内に生産した製品を市場へ売り出す予定。現在、生産原料となる使用済み蓄電池の調達が課題となっている。設計によると、当該工場は毎年1・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ザンビア:鉛鉱山周辺のコミュニティが鉛中毒に関してAnglo American SA社を相手に集団訴訟を準備

 2019年8月23日付けメディアによると、ザンビアKabwe鉛鉱山周辺に住むコミュニティが、住民の鉛中毒に関して、Anglo American South Africa社を相手に集団訴訟を南ア高等裁判所に提訴すべく準備している。英国の法律事務所によると、数万人のKabweの住人が、鉱山、製錬所や廃砕ダムからの粉塵を摂・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:南ア・英Jubilee社がSable亜鉛精錬所を買収し、テーリングからの金属回収を進める

 2019年3月21日付け南ア・英Jubilee Metals Group社のプレスリリースによると、ザンビア中央部に位置するSable亜鉛精錬所(Sable Zinc Kabwe Ltd.)を、Glencoreの子会社から買収した。Jubilee社は、融資とエクイティファイナンスにより、今回の取引に係る12mUS$と・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 バナジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

2018年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2018年は米中貿易摩擦が激化するとともに米中の対立は覇権争いの様相を帯びてきた一年であった。JOGMEC金属企画部調査課では、2018年の金属鉱物資源分野における主な出来事を振り返り、以下の通りまとめた。


◆ 資源価格、米中貿易摩擦に揺さぶられる
・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 PGM(白金族) プラチナ パラジウム コバルト タンタル ニオブ ニッケル リチウム ウラン
海外事務所:
金属企画部

南ア:閣議で了承された鉱業憲章改定版が公表

 2018年6月の改定案発表後からコンサルテーションなどを通じ検討が続いていた新たな鉱業憲章は、9月20日に閣議で承認され、27日に内容が公表された。黒人株式保有率については、既存の鉱業権おいては5年以内に30%とする必要はないものの、新規の鉱業権の取得もしくは既存の鉱業権の移転・更新の際には5年以内に30%とする必要・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
吉益英孝
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ