閉じる

ニュース・フラッシュ

ボリビア:Minera San Cristobal社、マインライフ延長を鉱業冶金大臣に報告

 鉱業冶金省の発表によると、2021年9月9日、Villavicencio鉱業冶金大臣は、Minera San Cristobal(MSC社)の代表者と会合を行い、San Cristobal亜鉛・鉛・銀鉱山のマインライフの延長についての報告を受けた。MSC社のPinto渉外担当課長は「鉱山を2050年まで持続させるとい・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:Arce大統領、タングステンの産業化に言及

 2021年9月2日付け政府メディアの発表によると、Arce大統領は、Cochabamba県の鉱業協同組合El Progreso Kami(タングステン、鉛、錫を生産)の創立56周年記念式典に参加し、ボリビア経済が回復状況にあることを強調し、また、タングステンの産業化を国内で行うことを鉱業冶金大臣に指示したと発言した。 続きを読む
鉱種:
タングステン
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:鉱業冶金大臣、Mesa de Plata鉱床への投資についてコメント

 2021年7月23日付け現地紙によると、Villavicencio鉱業冶金大臣は、Potosí県のMesa de Plata鉱床の埋蔵量確定のため、現在調査が行われており、その後企業との提携による投資が必要となるが、同鉱床の探査作業には数mUS$の投資が必要であると報告した。また同大臣は、San Cristóbal亜・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:COMIBOL総裁、Mesa de Plata – Machu Socavón多金属プロジェクトについて説明

 2021年7月1日付けボリビア鉱山公社(COMIBOL)のニュースリリースによると、Eugenio Mendoza Tapia COMIBOL総裁は、Carlos Herbert Riera Kilibardaプロジェクト・探査局長と共にCOMIBOL本部で行われた記者会見に臨み、Mesa de Plata - Ma・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:国内2プロジェクトの開発に関心のある企業がCOMIBOLに提案書を提出

 2020年10月29日付け地元紙によると、同月28日と29日、ボリビア鉱山公社(COMIBOL)において、Mallku Khota銀・インジウムプロジェクト開発に関心を示した1社(Minera Silver Elephant Bolivia社)と、Amayapampa金プロジェクトに関心を示した4社(Minera I・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 インジウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:2018年第1四半期の鉱物輸出額

 2018年7月18日付け地元紙は、鉱業冶金省のデータによれば、2018年第1四半期の鉱物の輸出額は668.2mUS$で、前年同期比で24%増となったと伝えた。亜鉛、金、アンチモン、鉛、タングステンの輸出が好調で、錫、銀、銅等は不調であった。輸出の67.8%がアジア14か国に向けられ、その内訳は、韓国184.9mUS$・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン タングステン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:Karachipampa鉛・銀製錬所、再開

2017年2月9日付け地元紙によると、Karachipampa鉛・銀製錬所(Potosí県)を経営するCOMIBOL 子会社Empresa Metalurgica Karachipampa社の労働組合のDario Martínez事務局長は、2015年11月27日の爆発事故後、修復作業を続けてきたKivcet炉について・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
迫田昌敏

ボリビア:Karachipampa鉛・銀製錬所、再開へ向け2016年9月1日に暖機起動

2016年8月26日付け地元紙によると、COMIBOL社のMarcelino Quispe代表が、同社の Karachipampa鉛・銀製錬所(Potosí県)は修復を終え、2016年9月1日に、再開へ向けKivcet炉を暖機起動することを明らかにした。同炉がフル稼働状態になるまでに15~・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
迫田昌敏

ボリビア:Karachipampa鉛・銀製錬所、ボリビア政府が2011年末の操業開始を計画

 2011年1月26日付け地元各紙によると、ボリビア政府はAtlas Precious Metals社(カナダ)から返還されたKarachipampa製錬所の操業を、遅くとも2011年末までに開始する意向を明らかにした。これに関して、ボリビア鉱業冶金省のBeltran局長は、COMIBOLは同製錬所の操業開始に向けた資・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
山内英生

ボリビア:Karachipampa銀・鉛製錬所、カナダ企業に譲渡

 業界紙等によると、ボリビア鉱業冶金省は、Atlas Precious Metals(加)に対して8億5千万$でKarachipampa製錬所を正式に譲渡すると発表した。 同製錬所は、1982年から85年にかけて当時1億5千万$を投じて建設されたが、ボリビア国内の精鉱供給量が製錬所の操業に必要な量を満たさなかったことか・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ