閉じる

ニュース・フラッシュ

2020年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2020年は、1月中旬に米中貿易摩擦に関する貿易交渉の「第1段階の合意」に至り、金属市場を取り巻く政治・経済動向はひとまずの落ち着きを見せたのも束の間、新型コロナウイルス感染症(以下、「コロナ」という。)が金属鉱物資源のみならず、全ての「ヒト」や「モノ」の動きを・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 プラチナ パラジウム レアメタル コバルト ニッケル リチウム 鉄鉱石
海外事務所:
金属企画部

EU:欧州委員会、バッテリー新規制案を公表

 2020年12月10日付けのプレスリリースによると、欧州委員会はEUバッテリー規制を現代化するための新規制案を公表した。EU市場に投入されるすべてのバッテリー(産業用、自動車用、電気自動車(EV)用及び携帯用)に関する義務的要件を提案している。欧州や世界中の産業において、より持続可能で競争力のある開発のためには、有害・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

世界のメタル市場を巡る情勢

<金属企画部調査課 白鳥智裕、ロンドン事務所 福田光紀、遊佐茂雄、倉田清香 報告>

はじめに1
2019年10月21~25日、ポルトガル・リスボンにおいて国際非鉄研究会(国際銅研究会(ICSG)、国際ニッケル研究会(INSG)、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG))の秋季会合が開催され、加盟国や産業団体、・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム レアアース/希土類
海外事務所:
金属企画部

坑廃水に関する国際学会10th ICARD参加報告

 2015年4月21日~24日、坑廃水に関する国際学会10th ICARD(International Conference on Acid Rock Drainage)がチリ・サンティアゴで開催された。JOGMEC金属環境事業部及び金属資源技術研究所は、これに参加し、自然力活用型坑廃水処理(パッシブトリ・・・ 続きを読む
鉱種:

~投資家が見るアフリカ鉱業の機会と国際機関の鉱業支援策~Mining Indaba 2015参加報告(その4)

 アフリカ最大の鉱業投資会議「Mining Indaba 2015」が、2015年2月9日から12日の4日間、ケープタウン国際会議場にて開催された。今年で21回目を迎えた本会議は、Tony Blair元英首相の基調講演で盛り上がりをみせたものの、コモディティ価格が低迷する中、全体の参加者数は昨年・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ニッケル

EU:鉛の調和された分類及び表示(CLH)手続きに関するパブリックコンサルテーション開始

 ECHA(欧州化学物質庁)は、調和された分類及び表示(CLH)手続きに関して、鉛を含む全ての物質をCLHの対象物質に追加するか否かに関するパブリックコンサルテーションを受け付けている。鉛がCLHの対象物質となった場合、鉛は「生殖毒性」を有する物質として公式に分類され、危険に関する表示が義務付けられることになる。ECH・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

Iron Ore 2011参加報告

 2011年7月11日から13日までの3日間、豪州WA州パースでIron Ore 2011が開催された。本稿では、7月14日及び15日にポストエクスカーションとして実施されたPilbaraツアーとあわせて会議の内容について報告する。 1. 概要 Iron Ore 2011は、CSIRO及びAu・・・ 続きを読む
鉱種:

3rd Lithium Supply & Markets Conference 2011参加報告

 2011年1月20日から21日にかけて、カナダ・トロントにおいてMetal Bulletin社主催の3rd Lithium Supply & Markets Conference 2011が開催された。本会議は、2009年1月にチリ・サンティアゴにおいて第1回目が、2010年1月に米国・ラ・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン リチウム

セミナー報告『JOGMECリモートセンシングセミナー/ワークショップ 2009』その1-セミナー編-

 2009年7月27日から31日の5日間、Lobatse (ボツワナ共和国ロバッツェ市)にあるJOGMEC地質リモートセンシングセンターにおいて、同センター主催の『JOGMECリモートセンシングセミナー/ワークショップ 2009』が、南部アフリカ開発共同体(SADC)諸国)からの10か国約80名強が・・・ 続きを読む
鉱種:

BHP BillitonによるRio Tintoの合併は成功するのか-世界最大の鉱山会社による合併提案、その効果と影響-

 世界最大の鉱山会社BHP Billiton(本社メルボルン/ロンドン)がRio Tinto(本社メルボルン/ロンドン)に対して総額1,400億US$に及ぶ合併提案を行った。BHP Billitonの株式3株に対してRio Tintoの株式1株を交換すると言うものであったが、Rio Tintoの役員は、全会一致・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル アルミニウム/ボーキサイト
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ