閉じる

ニュース・フラッシュ

インド:Hindustan Zinc社、事業多角化の方針で銅、金等を生産へ

 2019年7月23日付け地元メディアによると、インド亜鉛・鉛大手Hindustan Zinc社は、事業内容の多角化を図り収益性を向上させる方針を明らかにした。具体的には、従来生産している亜鉛、鉛、銀の3鉱種に加えて、銅、金、アンチモン、ビスマス及びカドミウム等の生産事業に参入する計画である。同社のSunil Dugg・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン カドミウム ビスマス
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インド:Hindustan Zinc社、鉱石処理能力拡大を計画

 2018年2月25日付地元メディアによると、インドの亜鉛・鉛大手のHindustan Zinc社は、ラジャスタン州西部に2か所、鉱石処理施設を建設する計画を明らかにした。投資額は合計60億インドルピー(約99億円)で、2018/19年度(2018年4月~2019年3月)中の稼働を目指している。施設の鉱石処理能力は2か・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

~投資家が見るアフリカ鉱業の機会と国際機関の鉱業支援策~Mining Indaba 2015参加報告(その4)

 アフリカ最大の鉱業投資会議「Mining Indaba 2015」が、2015年2月9日から12日の4日間、ケープタウン国際会議場にて開催された。今年で21回目を迎えた本会議は、Tony Blair元英首相の基調講演で盛り上がりをみせたものの、コモディティ価格が低迷する中、全体の参加者数は昨年・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ニッケル

Iron Ore 2011参加報告

 2011年7月11日から13日までの3日間、豪州WA州パースでIron Ore 2011が開催された。本稿では、7月14日及び15日にポストエクスカーションとして実施されたPilbaraツアーとあわせて会議の内容について報告する。 1. 概要 Iron Ore 2011は、CSIRO及びAu・・・ 続きを読む
鉱種:

BHP BillitonによるRio Tintoの合併は成功するのか-世界最大の鉱山会社による合併提案、その効果と影響-

 世界最大の鉱山会社BHP Billiton(本社メルボルン/ロンドン)がRio Tinto(本社メルボルン/ロンドン)に対して総額1,400億US$に及ぶ合併提案を行った。BHP Billitonの株式3株に対してRio Tintoの株式1株を交換すると言うものであったが、Rio Tintoの役員は、全会一致・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル アルミニウム/ボーキサイト
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ