閉じる

ニュース・フラッシュ

インドネシア:国内新規製錬所の建設進捗に遅れ、2019年は1か所のみ稼働開始

 2020年1月13日付け地元メディアによると、インドネシア鉱物加工精製協会(AP3I)Jonatan Handojo副会長が国内新規製錬所建設の進捗に遅れが出ていると述べた。エネルギー鉱物資源省によると、2019年中に3か所の稼働開始が予定されていたが、実際に稼働開始となったのはPT Wanatiara Persad・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル マンガン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ