閉じる

ニュース・フラッシュ

2019年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2019年は、米中貿易摩擦の激化や中国経済の成長鈍化を受け、資源価格はベースメタルを中心として下落傾向が続いた一方で、年央からは資源国による高付加価値化政策や計画停電の影響等による需給のタイト感から一部のレアメタルについては価格が高騰するなど、金属市場を取り巻く・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 PGM(白金族) プラチナ パラジウム コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
金属企画部

2018年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2018年は米中貿易摩擦が激化するとともに米中の対立は覇権争いの様相を帯びてきた一年であった。JOGMEC金属企画部調査課では、2018年の金属鉱物資源分野における主な出来事を振り返り、以下の通りまとめた。


◆ 資源価格、米中貿易摩擦に揺さぶられる
・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 PGM(白金族) プラチナ パラジウム コバルト タンタル ニオブ ニッケル リチウム ウラン
海外事務所:
金属企画部

南ア:閣議で了承された鉱業憲章改定版が公表

 2018年6月の改定案発表後からコンサルテーションなどを通じ検討が続いていた新たな鉱業憲章は、9月20日に閣議で承認され、27日に内容が公表された。黒人株式保有率については、既存の鉱業権おいては5年以内に30%とする必要はないものの、新規の鉱業権の取得もしくは既存の鉱業権の移転・更新の際には5年以内に30%とする必要・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
吉益英孝

坑廃水に関する国際学会10th ICARD参加報告

 2015年4月21日~24日、坑廃水に関する国際学会10th ICARD(International Conference on Acid Rock Drainage)がチリ・サンティアゴで開催された。JOGMEC金属環境事業部及び金属資源技術研究所は、これに参加し、自然力活用型坑廃水処理(パッシブトリ・・・ 続きを読む
鉱種:

~投資家が見るアフリカ鉱業の機会と国際機関の鉱業支援策~Mining Indaba 2015参加報告(その4)

 アフリカ最大の鉱業投資会議「Mining Indaba 2015」が、2015年2月9日から12日の4日間、ケープタウン国際会議場にて開催された。今年で21回目を迎えた本会議は、Tony Blair元英首相の基調講演で盛り上がりをみせたものの、コモディティ価格が低迷する中、全体の参加者数は昨年・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ニッケル

セミナー報告『JOGMECリモートセンシングセミナー/ワークショップ 2009』その1-セミナー編-

 2009年7月27日から31日の5日間、Lobatse (ボツワナ共和国ロバッツェ市)にあるJOGMEC地質リモートセンシングセンターにおいて、同センター主催の『JOGMECリモートセンシングセミナー/ワークショップ 2009』が、南部アフリカ開発共同体(SADC)諸国)からの10か国約80名強が・・・ 続きを読む
鉱種:

BHP BillitonによるRio Tintoの合併は成功するのか-世界最大の鉱山会社による合併提案、その効果と影響-

 世界最大の鉱山会社BHP Billiton(本社メルボルン/ロンドン)がRio Tinto(本社メルボルン/ロンドン)に対して総額1,400億US$に及ぶ合併提案を行った。BHP Billitonの株式3株に対してRio Tintoの株式1株を交換すると言うものであったが、Rio Tintoの役員は、全会一致・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル アルミニウム/ボーキサイト
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ