閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱物資源マテリアルフロー2020

鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 PGM(白金族) レアメタル アンチモン インジウム ガリウム カルシウム クロム ゲルマニウム コバルト シリコン(ケイ素) ストロンチウム タングステン タンタル チタン ジルコニウム ニオブ ニッケル バナジウム マグネシウム マンガン モリブデン リチウム リン レニウム レアアース/希土類 その他 グラファイト カリウム 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

2020年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2020年は、1月中旬に米中貿易摩擦に関する貿易交渉の「第1段階の合意」に至り、金属市場を取り巻く政治・経済動向はひとまずの落ち着きを見せたのも束の間、新型コロナウイルス感染症(以下、「コロナ」という。)が金属鉱物資源のみならず、全ての「ヒト」や「モノ」の動きを・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 プラチナ パラジウム レアメタル コバルト ニッケル リチウム 鉄鉱石
海外事務所:
金属企画部

世界のメタル市場を巡る情勢

<金属企画部調査課 白鳥智裕、ロンドン事務所 福田光紀、遊佐茂雄、倉田清香 報告>

はじめに1
2019年10月21~25日、ポルトガル・リスボンにおいて国際非鉄研究会(国際銅研究会(ICSG)、国際ニッケル研究会(INSG)、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG))の秋季会合が開催され、加盟国や産業団体、・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム レアアース/希土類
海外事務所:
金属企画部

鉱物資源マテリアルフロー2019

鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 PGM(白金族) レアメタル アンチモン インジウム ガリウム カルシウム クロム ゲルマニウム コバルト シリコン(ケイ素) ストロンチウム タングステン タンタル チタン ジルコニウム ニオブ ニッケル バナジウム マグネシウム マンガン モリブデン リチウム リン レニウム レアアース/希土類 その他 グラファイト カリウム 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

2019年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
2019年は、米中貿易摩擦の激化や中国経済の成長鈍化を受け、資源価格はベースメタルを中心として下落傾向が続いた一方で、年央からは資源国による高付加価値化政策や計画停電の影響等による需給のタイト感から一部のレアメタルについては価格が高騰するなど、金属市場を取り巻く・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 PGM(白金族) プラチナ パラジウム コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
金属企画部

Sustainable Mining 2019参加報告

<金属企画部調査課 小口朋恵 報告>

はじめに
2019年9月4~6日、チリ・サンティアゴにてSustainable Mining 2019が開催された。ペルーやメキシコといった中南米地域において地域住民による反鉱業運動が盛んになる中、昨今の鉱業においてはこうした鉱山や鉱業プロジェクトと直接関係のな・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 リチウム その他
海外事務所:
金属企画部

鉱物資源マテリアルフロー2018 改訂版

鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 PGM(白金族) レアメタル アンチモン インジウム ガリウム カルシウム クロム ゲルマニウム コバルト シリコン(ケイ素) ストロンチウム タングステン タンタル チタン ジルコニウム ニオブ ニッケル バナジウム マグネシウム マンガン モリブデン リチウム リン レニウム レアアース/希土類 その他 グラファイト カリウム 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

鉱物資源マテリアルフロー2018 ―修正箇所朱記版―

鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 PGM(白金族) レアメタル アンチモン インジウム ガリウム カルシウム クロム ゲルマニウム コバルト シリコン(ケイ素) ストロンチウム タングステン タンタル チタン ジルコニウム ニオブ ニッケル バナジウム マグネシウム マンガン モリブデン リチウム リン レニウム レアアース/希土類 その他 グラファイト カリウム 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

欧州:欧州委員会、鉛化合物のREACH認可対象物質リストへの追加を延期

 2019年2月21日付の専門誌によると、欧州委員会(European Commission)は、REACHの認可対象物質のリストである附属書XIVに12の認可対象候補物質(SVHC)を追加するための規則案を発表した。4種の鉛化合物(一酸化鉛、四酸化三鉛、四塩基性硫酸鉛、三塩基性硫酸鉛)については、今回の規則案への収載・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
金属企画部
担当者:
畝井杏菜
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ