閉じる

ニュース・フラッシュ

米:Lynas社、米国防総省と軽希土分離施設建設に関して合意

 豪Lynas Rare Earths社(2020年12月1日にLynas社より社名変更)は商業規模での軽希土分離施設の建設に関し、2021年1月22日付けで米国防総省と契約を締結した。現在、両者がそれぞれ30mUS$を拠出する方向で調整が進められている。本施設は米TX州に建設される予定で、レアアース生産量は約5,00・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

米:USA Rare Earth社、レアアース分離の実証試験施設をコロラドで稼働開始

 USA Rare Earth社とTexas Mineral Resources社は、CO州Wheat Ridgeのレアアース分離の実証試験施設に必要な許認可を取得したことを受け、正式に稼働することを2020年6月11日に発表した。
 同施設では重希土類(ジスプロシウム、テルビウム)、中希土類、軽希土類(ネオジム、プ・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

Magnetics 2015参加報告

 2015年1月21日~22日、Magnetics 2015カンファレンス・展示会が米フロリダ州オーランドで開催されたので、カンファレンス・展示会の概要を報告する。 1.概要 ①カンファレンス及び②永久磁石製品の展示会を合わせて、参加者は約200名であった。レアアースの上流・サプライチェー・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ランタン レアアース/希土類

米国:レアアース/重要鉱物確保対策の動向

 米国はレアアースを含んだ製品の主要な消費国である。これらの要素は、高度洗練された技術を要する商業製品及び軍事機器の双方において利用されている。1960 年代から1980 年代にかけて、米国は世界におけるレアアース生産の先進国であった1。しかしその後世界におけるレアアースの製錬及び製造や、金属・・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム スカンジウム ツリウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ユウロピウム ランタン イットリウム エルビウム ガドリニウム レアアース/希土類

2011年中国レアアース産業動向




 2011年中国レアアース産業の工業総生産高は、前年比130.1%増の852.4億元で、実質売上高は前年比152.4%増の943.1億元と過去最高を記録した。稀土信息4月号で、国家発展改革委員会産業協調司が「2011年中国レアアース産業動向」を発表したので、とりまとめのうえ、ここに紹介する。・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ランタン イットリウム エルビウム ガドリニウム サマリウム レアアース/希土類
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ