閉じる

ニュース・フラッシュ

南アフリカ共和国におけるPGM供給の最近の動向

<ヨハネスブルグ事務所 原田武 報告>

はじめに
2020年は、南アフリカ共和国(以下、「南ア」という。)にてコロナ禍に伴うトラブルや精錬所の事故などが重なり、PGM生産が減少した。一方で、世界経済のコロナ禍からの復興過程で、ガソリン車の排ガス浄化触媒に使われるパラジウムやロジウム、燃料電池用電極触・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム イリジウム PGM(白金族) レニウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ

ロシア:Russian Platinum社、Chernogorskoe鉱床開発のファイナンスに関する基本合意書に調印

 2021年6月3日付けの地元報道等によると、Russian Platinum社、VEB.RF、VTBの3社は、2021年6月のサンクトペテルブルク国際経済フォーラムにおいて、世界最大級のプラチナ・銅・ニッケル鉱床であるChernogorskoe鉱床(クラスノヤルスク地方)開発のプロジェクト・ファイナンスに関する基本合・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム ニッケル PGM(白金族)
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

Mining Indaba Virtual 2021参加報告

<ヨハネスブルグ事務所 原田武、Melissa Crowley、ロンドン事務所 遊佐茂雄 報告>

はじめに
アフリカ鉱業界における一大イベントMining Indabaは、コロナ禍のため、本年は、2月2日~3日の2日間のWeb開催となった。大会では、南ア、シエラレオネ及びボツワナ大統領のスピーチに加・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ミネラルサンド ロジウム 鉄鉱石 コバルト PGM(白金族) マンガン リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ

ロシア:環境被害の補償を純利益から支払うことを企業に義務付ける可能性

 2021年5月12日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社の燃料流出事故に対する2bUS$の罰金支払いにより、同社の課税ベースが縮小したことを受け、ロシア政府は環境被害の補償を会計上の費用項目からではなく、純利益から支払うことを企業に義務付ける可能性がある。
 Norilsk Nickel社は20・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム その他 ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

南ア:PGM生産者Sibanye-Stillwater、ロジウムのパラジウムによる代替について言及

 2021年3月24日にWeb開催されたPGMs Industry Dayのパネルディスカッションにて、南アPGM生産者Sibanye-Stillwater社のCEO Neal Froneman氏が、次の投資としてはロジウムをパラジウムによって代替することである旨を語り注目された。現在、同社及びImpala Plati・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Implats社、記録的な半期財務実績(2020年12月末期)を発表

 2021年2月25日付けImpala Pratinum(Implats)社は、2020年12月末までの半期財務実績を発表した。PGMの堅調な価格と現地通貨ランド(ZAR)安の影響で、売上げ58,121mZARは前年同期の2倍になり、Gross profit 22,366mZAR(263%増)、EBITDA 25,06・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム その他 PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ロシア:Norilsk Nickel社、2020年のIFRS利益は39%減

 2021年2月16日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2020年の純利益(IFRS準拠)は3.634bUS$で、前年比39%の減益となった。
 2020年の収益は15%増の15.545bUS$となり、これは主としてパラジウムとロジウムの取引所価格上昇、Bystrinsky採鉱選鉱コンビナート・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ロジウム その他 ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

中国:白金族金属の供給が以前不足、ロジウムは最高価格を更新

 安泰科によると、Nedbank銀行のアナリストArnold Van Graan氏は、白金族金属市場、特にパラジウムとロジウムの長期的な供給逼迫の可能性が高く、これは白金族金属価格を下支えすることが予想されると述べた。供給の逼迫、市場の不足、中国の自動車触媒の需要の強さにより、ロジウム価格は引き続き過去最高値を記録した・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ パラジウム ロジウム PGM(白金族)
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:BASF社、今後数年間でロジウム不足の拡大を予想

 現地報道によると、Bank of Americaのオンライン会議で、BASF社の有価金属部副総裁のMatthias Dohrn氏は、「中国の自動車生産が回復する一方で、南アのロジウム生産が減少している」と指摘した。BASF社は、供給不足により、2020年は47千ozのロジウムが不足すると予測した。2021年には不足分・・・ 続きを読む
鉱種:
ロジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

南ア:ロジウム価格過去最高値更新、南ア供給不足・中国自動車産業復旧が追い風

 南アAflifeorsight研究機関によると、南アの供給不足や中国の自動車販売回復に伴い、ロジウム価格が過去最高値を更新した。2020年11月10日、Johnson Matthey社によると、LMEのロジウム見積価格は15,000US$/ozに上った。S&P Global Platts社によると、過去2週間、ロジウ・・・ 続きを読む
鉱種:
ロジウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ