閉じる

ニュース・フラッシュ

メキシコ:米Antimony社、2つのアンチモン鉱山の操業再開

 2018年10月1日付け地元紙の報道によると、米Antimony社は、市況の悪化によりメンテナンス作業後に操業を停止していた2つのアンチモン鉱山の操業再開を決定した。1つは、Zacatecas州に保有するSierra de Guadalupe鉱山であり、もう1つがSan Luis Potosi州に保有するWadley・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:米United States Antimony社、メキシコにおけるアンチモン生産増加に期待

 2019年9月10日付地元紙の報道によると、米United States Antimony社(本社:MT州)はメキシコにおけるアンチモン、金、銀生産増加のための主要計画を発表した。同社は2018年8月、Great Lakes Chemical社とLANXESS社との間で社員保有および資本提携調印を行い、上記2社はRe・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

2014年金属鉱物資源分野の10大ニュース

 JOGMEC調査部では、2014年の世界の金属鉱業情勢を概観し、金属鉱物資源分野における10大ニュースを次のとおり選定し、それらについてまとめた。NO.1   安倍内閣総理大臣、資源国歴訪NO.2   我が国資本の鉱山、相次いで始動NO.3   資源価格の軟調続く、鉄鉱石は5年ぶりの安値NO.・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 プラチナ パラジウム アンチモン タングステン ニッケル マンガン リチウム アルミニウム/ボーキサイト

メキシコ:US Antimony社、メキシコでのアンチモン生産量が大幅増

 2013年12月16日、United States Antimony Corporation(以下、US Antimony社)は、メキシコにおける同社の2013年のアンチモン生産量が664千lbと、前年の372千lbと比較して78%増加する見通しを発表した。 US Antimony社は、米国唯一のアンチモン精錬所をモ・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル アンチモン
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
山路法宏

メキシコ鉱業に関する税制改革

 メキシコは、2012年12月に新たに就任したPeña Nieto大統領の下、これまでに教育改革や通信改革を実施してきたが、これらは同大統領が掲げる主要改革の一部にしか過ぎず、同国にとってより重要な改革が控えている。 こうした中、2013年9月に開会したメキシコ議会において、Pe&#x・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 プラチナ アンチモン ビスマス マンガン

メキシコ合衆国のベースメタルの製・精錬事業の現状と今後の見通し




 メキシコの鉱山からのベースメタル鉱石の生産の現状と今後の見通しについては、2012年8月に「メキシコ合衆国の銅鉱石の生産の現状と今後の見通しについて」(CT 12-49号)及び「メキシコ合衆国の鉛・亜鉛鉱石の生産の現状及び今後の見通しについて」(CT 12-50号)において紹介したところで・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン ビスマス

メキシコ:米US Antimony社、Loa Juárezアンチモン・金・銀鉱山の操業を開始

2012年10月1日付け業界紙等によると、United States Antimony Corp.(本社:ミネソタ州・トンプソン・フォールズ)は、メキシコ・ケレタロ州に保有するLoa Juárezアンチモン・金・銀鉱山の操業を開始した。 平均品位は、アンチモン2.01%、金 6.87 g/t、銀255 g/tで、粗鉱処・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル アンチモン
海外事務所:
メキシコ
担当者:
高木博康

メキシコ合衆国・サン・ルイス・ポトシ州の鉱業事情






図1. サン・ルイス・ポトシ州位置図

 サン・ルイス・ポトシ(San Luis Potosí)州は、鉱業生産額がメキシコ第5位(注1)に位置している。同州には、銅の生産量がメキシコ第5位であるものの、HP等で情報を一切公・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン マンガン

メキシコ・オアハカ州の鉱業の現状について

図1. メキシコ・オアハカ州位置図  オアハカ(Oaxaca)州は、メキシコ南部に位置し、植民地時代には日本の佐渡等とともに金の産出地として世界的に有名であった。また、州の南西部には大規模な鉄鉱床が存在しており、学術的にポーフィリーカッパー鉱床の存在も知られ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン チタン マンガン

第29回メキシコ国際鉱業大会(Expomin México 2011)報告

 メキシコ国際鉱業大会(Expomin México)は、1993年までは毎年1回、それ以降は2年に1回開催されているメキシコ最大の鉱業イベントである。第29回大会は、2011年10月26日から29日の4日間、ゲレロ州アカプルコ市のMundo Imperialにおいて開催された。 今回・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン コバルト テルル ニッケル
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ