閉じる

ニュース・フラッシュ

ベトナム:鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備へ

 2020年4月20日付け地元メディアによると、Trinh Dinh Dung副首相は2021年から2030年までの鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備するタスクに署名した。石油、石炭、ウラン・トリウム等の放射性鉱物等を除く鉱物が対象となる。これら鉱物は、金鉱石・銅・ニッケル・モリブデンのカテゴリー、鉛・亜鉛・・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン クロム チタン ニッケル マンガン モリブデン レアアース/希土類 グラファイト フッ素/蛍石 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

ロイヤルティ引上げ論に見るベトナムの鉱業政策

 ベトナムの鉱業投資環境は外国企業にとって魅力的なものではなく、外資系鉱山も極僅かしか操業していない。その大きな理由の一つが、操業鉱山が支払わなければならない各種税金、使用料、手数料等の大きな負担で、中でも金属鉱物資源の採掘量に応じて支払うロイヤルティは世界で最も負担が大きい国の一つとも言われて・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン タングステン チタン ニッケル マンガン
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ