閉じる

ニュース・フラッシュ

ミャンマー:軍事政権、51mUS$相当の金属を売却へ

 ミャンマーの軍事政権は、クーデター資金調達のためのハードカレンシーを調達しようと、少なくとも51mUS$相当の金属を売却しようとしている。軍事政権下のMinistry of Mines(MOM)は、2021年7月21日に5,008tの銅カソードをLMEの価格に基づいて公開入札で販売すると国営新聞で発表した。また、Sh・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン レアアース/希土類
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

ベトナム:鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備へ

 2020年4月20日付け地元メディアによると、Trinh Dinh Dung副首相は2021年から2030年までの鉱物の探査、製精錬及び利用のための計画を準備するタスクに署名した。石油、石炭、ウラン・トリウム等の放射性鉱物等を除く鉱物が対象となる。これら鉱物は、金鉱石・銅・ニッケル・モリブデンのカテゴリー、鉛・亜鉛・・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン クロム チタン ニッケル マンガン モリブデン レアアース/希土類 グラファイト フッ素/蛍石 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Trinitan、製錬所の生産能力を拡大へ

 2019年10月11日付け地元メディアによると、PT Trinitan Metals and MineralsのChristopher Liawan財務部長は、西Java州Bogor県に位置する湿式冶金製錬所の生産能力を39.7千t/年から56.7千t/年に拡大することを明らかにした。同社の主要製品は鉛とアンチモンで・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン ニッケル ビスマス
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インド:Hindustan Zinc社、事業多角化の方針で銅、金等を生産へ

 2019年7月23日付け地元メディアによると、インド亜鉛・鉛大手Hindustan Zinc社は、事業内容の多角化を図り収益性を向上させる方針を明らかにした。具体的には、従来生産している亜鉛、鉛、銀の3鉱種に加えて、銅、金、アンチモン、ビスマス及びカドミウム等の生産事業に参入する計画である。同社のSunil Dugg・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アンチモン カドミウム ビスマス
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ