閉じる

ニュース・フラッシュ

フィリピン:2020年のGDPに対する鉱業の貢献度は102bPHPと推定

 鉱山地球科学局(MGB)の発表によると、2020年の国内総生産(GDP)成長率の0.6%に相当する102.3bPHP(フィリピンペソ、粗付加価値(GVA))を鉱業部門が占めた。金、ニッケル鉱石、混合硫化ニッケル・コバルト、シュウ酸スカンジウム、クロマイト、鉄を含む金属鉱物の生産額は132.69bPHPであり、輸出され・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム スカンジウム コバルト ニッケル マグネシウム
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

加:Rio Tinto、カナダの酸化スカンジウム施設を稼働開始

 Rio Tintoは加QC州Sorel-Tracyで保有する研究開発センター(RTFT)にて、商業規模の高品質酸化スカンジウム生産実証プラントの操業を開始した。本プロジェクトの工事は予定通り6か月という工期かつ予算内で終了した。QC州政府は650kUS$を同プロジェクトに拠出している。
 このプラントでは新たなプロ・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

加:Rio Tinto、カナダで酸化スカンジウム市場に進出

 Rio Tintoは、加QC州Sorel‐Tracyで保有する研究開発センター(RTFT)にて商業規模の酸化スカンジウム生産プラントを建設する。実現すれば、同社は北米初の酸化スカンジウム生産企業となる。
 同社はプラントの第1モジュールの建設に6mUS$を投資し、当初の酸化スカンジウム生産量は現在の全世界の供給量の・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子

豪:QLD州政府、Australian Mines社のSconiラテライトコバルト・ニッケル・スカンジウムプロジェクトに条件付きで助成金を支出へ

 2020年7月15日付けのメディアによるとQLD州政府は、豪Australian Mines社のSconiラテライトコバルト・ニッケル・スカンジウムプロジェクトに対し、民間企業による投資増加と雇用創出を目的とする175mA$規模の助成金Jobs and Regional Growth Fundから条件付きで助成を行う・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

ロシア:ロシア下院、石油ガス田での鉱物随伴生産の関連法案の採択を勧告

 2020年5月22日付けの地元報道等によると、ロシア下院の天然資源・財産・土地関係委員会は、炭化水素鉱床における鉱物の随伴生産を認める法案を第二読会で採択するよう勧告した。
 法案によると、石油ガス鉱区を開発する地下資源利用者は、割当鉱区内で金、銀、白金族金属、タングステン、モリブデン、錫、リチウム、スカンジウム、・・・ 続きを読む
鉱種:
ゲルマニウム スカンジウム タングステン PGM(白金族) モリブデン リチウム レニウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

加:Rio Tinto、廃棄物からの高純度の酸化スカンジウムの抽出法を開発中

 Rio Tintoは、加QC州にある同社の二酸化チタン製造施設において廃棄物から高純度の酸化スカンジウムを抽出する方法を開発している。
 同社はパイロットプロジェクトの一環として、2019年後半から同社の研究開発センター(RTFT)で開発された新プロセスを使用し、QC州Sorel‐Tracyに位置する二酸化チタン製・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
川井隆宏

ロシア:Tomtorレアアース鉱床開発、55bRUB以上の投資が必要

 2020年2月27日付の地元報道等によると、Tomtorレアアース鉱床(サハ共和国)開発の投資総額は55bRUB以上となる。これまでにThreeArc Mining社は同プロジェクトに約4bRUBを投資している。鉱床開発には、Buranny鉱区における鉱石採掘と、その鉱石を処理する湿式製錬コンビナート(ザバイカリエ地・・・ 続きを読む
鉱種:
イットリウム レアアース/希土類 スカンジウム テルビウム ネオジム プラセオジム ニオブ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

豪:Clean TeQ Holdings社、パナソニックとスカンジウム・アルミニウム合金の共同開発とオフテイク契約を締結

 2019年12月19日付けのメディアによると、豪Clean TeQ Holdings社は、パナソニックとスカンジウム・アルミニウム合金の新たな用途に関する共同開発を行うことで基本合意し、また拘束力のある酸化スカンジウムのオフテイク契約を締結した。Clean TeQ社は、パナソニックが電化製品にスカンジウム・アルミニウ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト スカンジウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

加:Cobalt 27 Capital社、Pala Investments社との買収協定に係るBC州最高裁判所の承認を得たことを公表

 Cobalt 27 Capital(Cobalt 27)社は10月16日付けニュースリリースにて、Pala Investments (Pala)社がCobalt 27社の発行済み株式(Pala社が既に所有している約19%を除く)の100%を取得する買収協定について、BC州の事業会社法に基づいて同州最高裁判所からの承認・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム コバルト ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
川井隆宏

米国における重要鉱物対策

<ワシントン事務所 石田滋陽 報告>

はじめに
2019年6月4日、米国政府は「安全で信頼できる重要鉱物の供給に向けた連邦政府戦略」を発表した。2017年12月の大統領令から1年半を経て、公表に至ったものである。折しも、中国が米国へのレアアース輸出制限を検討しているとの報道がなされていたところであり・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン グラファイト フッ素/蛍石 インジウム カリウム ウラン ガリウム アルミニウム/ボーキサイト サマリウム クロム レアアース/希土類 ジスプロシウム ゲルマニウム スカンジウム コバルト シリコン(ケイ素) ジルコニウム セリウム ネオジム ストロンチウム セシウム ランタン タングステン タンタル チタン テルル ニオブ ニッケル ハフニウム バナジウム ビスマス PGM(白金族) ヒ素 ベリリウム マグネシウム マンガン モリブデン リチウム レニウム
海外事務所:
ワシントン
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ