閉じる

お知らせ

2019年7月30日

マイナーメタルシンポジウムのご案内

近年、鉱山から採掘される銅鉱石中のヒ素濃度が増加傾向にあることが業界全体の課題となっており、JOGMECにおいても選鉱による銅原料中からのヒ素低減について技術開発を実施しているところです。
このような課題をテーマに、2017年にはチリ共和国においてEcometales社が、2018年には日本においてJOGMECが主体となって、シンポジウムを開催いたしました。
今年は、ドイツAurubis社が国際銅研究会等と協力し、ヒ素に限らず鉱石の複雑化が金属生産に与えるインパクトについて検討するための基盤を提供する目的でシンポジウムが開催されます。

  • 開催期間:2019年10月21日(月)8:15-17:45(予定)
  • 参加費用:無料
  • 場所:Altis Grand Hotel R. Castilho 11, リスボン, ポルトガル
  • お申し込み方法:下記リンクからお申し込みください
    https://www.aurubis-event.de/minormetals(外部サイト)
プログラム(予定)
08:15 Registration
08:45 Welcome address
09:00 Motivation 1: Mine & concentrator challenges to meet concentrate quality
Joe Pease, Mineralis Australia
09:20 Panel 1: Understanding potential synergies from the mining side: how to ensure effective collaboration between miners and smelters to improve overall metal recovery
Invited speakers from Newmont, Lundin, Nexa, Buenaventura and Dundee Precious Metals
10:45 Coffee break
11:00 Motivation 2: Smelter and refinery strategies to mitigate impact of minor metal increase in feed
Dr. Markus Reuter
12:45 Lunch break
14:20 Motivation 3: The role of research and technology in the handling of minor metals
Dr. Juan Carlos Salas, Pontificia Universidad Católica de Chile
14:40 Panel 3: Fundamental research and innovation to support development of sustainable solutions for the management of deleterious elements
Invited speakers from mining universities in Chile, Australia, Canada, Germany and Japan
16:15 Coffee break
16:30 Panel 4: Holistic approach to develop and integrate technological solutions to mitigate the impact of deleterious elements in the production of base metals
Invited speakers from Outotec, Dundee Sustainable Technologies, Ecometales and others
17:45 Concluding remarks
18:30 Networking with participants and speakers
ページトップへ