閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
1970年1月1日 北京 土屋春明

中国・チベット自治区の銅埋蔵量は国内銅埋蔵量の1/2-1/3を占める

 安泰科等によれば、チベット自治区地質鉱産探査開発局は、第10次5か年計画期間(2001-2005年)中の探査によりチベット自治区において、駆龍、多不雑及び沖江の3箇所で大型銅鉱床を発見し、約1,000万tの銅埋蔵量が増加したと発表した。
 この発見により、チベット自治区の銅埋蔵量は、3,000万t以上に達する見込みで国内銅埋蔵量の1/2-1/3を占め、江西省を抜き第1位となった。チベット自治区においては、既にチベット自治区東部の玉龍、岡底斯東段、班公錯-怒江で大型銅鉱床が発見され、中国最大の埋蔵量(金属量650万t以上)を誇る玉龍銅鉱床については開発計画が進められている。

ページトップへ