閉じる

ニュース・フラッシュ

1970年1月1日

ペルー:Doe Run Peruの救済進行せず、La Oroya精錬所ではストの可能性も

現在、La Oroya製錬所は銅及び鉛の製錬設備の一部30~35%が稼動中であるが、部分的操業は非効率であり、その継続は困難とされている。  一方、La Oroya製錬所労組のCastillo代表は、政府による介入を求めて5月27日よりストを実施する可能性を表明した。

ページトップへ