閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2004年1月21日 北京 納 篤

包頭華鼎銅業、第1期工事は3万tのアノード生産規模で着工

 中国銅業誌によると、包頭華鼎銅業有限公司は、投資総額2億元となる第1期工事アノード3万t及び11.5万t硫酸プロジェクトを、内モンゴル自治区包頭市レアアースハイテク区希望団地で着工した。同公司は、上海林晟世洋企業発展有限公司、内モンゴル基本建設コンサルティング投資公司と内モンゴルハイテク持株有限公司の共同出資により設立された。
 包頭華鼎銅業公司総経理久代平氏によると、第1期工事でアノード3万t、硫酸11.5万tの生産能力を持つ製錬設備を2004年11月に竣工し、生産開始とするとしている。第2期にはアノード10万t、硫酸40万t、第3期にはアノード20万t、硫酸80万tを計画、さらにはモンゴルOyn Toloi銅鉱山の採掘及び生産状況を考慮しつつ両者を同時進行させ、徐々に付加価値の高い製品の開発を行い、最終的に包頭華鼎銅業を総合的な中国銅業企業にしたいとしている。

ページトップへ