閉じる

ニュース・フラッシュ

2004年2月16日 リマ 辻本崇史

ペルー・2003年の主要鉱産物生産量

エネルギー鉱山省は、2003年の主要鉱産物の生産量を発表した。  これによると、銅が前年並であった以外は、全鉱種で昨年実績に比較し増加しているが、とくに金、亜鉛、については10%前後増加した。  金は、Yanacocha金山の増産(72.5t→88.6t)が大きく寄与し、亜鉛はAntamina鉱山の増産(26.0万t→40.1万t)が大きく寄与した。  一方、銅については、SPCC社の2鉱山(Cuajone, Toquepala)で約8%の増産(34.4万t→37.2万t)を達成し、中小鉱山での生産も伸びたが、Antamina鉱山での減産(34.1万t→26.8万t)がこれらを相殺し、全体で微減となった。   2002年生産量rn 2003年生産量rn 増加率(%) 銅(万t) 84rn .3rn 83rn .9rn -0.5rn 金(t) 157rn .0rn 171rn .6rn +9.3rn 亜鉛(万t) 122rn .2rn 136rn .9rn +12.0rn 鉛(万t) 29rn .8rn 30rn .8rn +3.4rn 銀(t) 2,687rn   2,775rn   +3.3rn 錫(千t) 38rn .8rn 40rn .2rn +3.6rn (2004. 2. 16 リマ 辻本崇史)目次へ

ページトップへ