閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2004年3月8日 リマ 辻本崇史

ペルー・Oroya製錬所が2005年に亜鉛製錬プラントの一部操業停止を決定

 GESTION紙(2月26日付)によると、Doe Run Peru社(米)は、自社が操業するOroya製錬所の亜鉛製錬プラントの一部を、2005年より操業を停止すると発表した。これにより、亜鉛の生産能力は、現在の年産7.5万トンレベルから4.5万トンに低下する見通しである。
 今回の措置は、詳細は不明ながら、同社は、環境汚染物質の排出規制に対処する必要に迫られる中、新製錬設備の建設に必要な資金調達ができないことを理由として挙げている。

ページトップへ