閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2004年4月29日 ロンドン 霜鳥 洋

2003年のコバルト生産量は8.6%増

 Cobalt Development Institute(英)のCobalt News 2004によれば、2003年の世界のコバルト生産量は44,495tで、前年の8.6%増であった。2003年後半の価格回復を受けて増産した生産者が多かったため。中でも148%増の4,576tの中国がめざましい。その他に増産となったのはUmicore社(50.1%増1,704t)、Falconbridge社(14.0%増4,556t)、Mopani Copper社(13.9%増2,050t)、Murrin Murrin社(10.9%増2,039t)で、ロシアの生産量も10.8%増の4,654tであった。一方減産となったのは、Gecamines社(44.2%減1,200t)、Inco社(32.4%減1,000t)で、最大生産者のOMG社も2.6%減の7,990tであった。

ページトップへ