閉じる

ニュース・フラッシュ

2004年5月24日 調査部 市原秋男

インドネシア・大統領令で鉱業13社の保護林操業許可の方向へ

 メガワティ大統領は12日付で「2004年第4号大統領令」に署名し、鉱業会社13社の保護林での操業を許可、社名を公表した。
 林業省によると、しかしながら操業開始には、林業相通達で詳細な操業範囲や植林等が規定される見通し。
 また、プラコサ林業相は19日、鉱業会社13社に対し、国内の森林面積を維持するため同規模の植林代替地を供出するまで操業を認めない意向を示した。
 供出する土地の条件には、所有が明確なこと及び植林が行えることを挙げている。
 13社は、以下のとおり。

  PT Freeport Indonesia
  PT Karimun Granit
  PT Inco Tbk
  PT Aneka Tambang Tbk(in North Maluku)
  PT Natarang Mining
  PT Indominco Mandiri
  PT Nusa Halmahera Minerals
  PT Pelsart Tambang Kencana
  PT Interex Sacra Raya
  PT Weda Bay Nickel
  PT Gag Nickel
  PT Sorikmas Mining
  PT Aneka Tambang(Southeast Sulawesi)

(5月19、24日 News Net Asia、Mining Indonesia)

ページトップへ