閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2004年5月25日 メキシコ 伊藤正義

メキシコ・サカテカス州の銀鉱山 生産量大幅増加の見込み

 5月19日、メキシコのサカテカス州政府経済振興局のSescosso局長は、サカテカスは近くメキシコの銀生産量の50%以上を産出する州になるだろうとの見通しを語った。
 これは、州内にメキシコ三大鉱山会社であるPenoles社、Group Mexico社及びFrisco社の鉱山、即ち、Fresnillo鉱山、Miguel鉱山、Auza鉱山、Concepcion de Oro鉱山、Vetagrande鉱山及びPinos鉱山の6つ鉱山開発プロジェクトが立ち上がることにより、銀の生産量が今後大幅に増加するという見込みを述べたもの。
 サカテカス州の2003年の銀生産量は、5,500百万Pesos(1Pesosが約0.1円)でメキシコ国内生産の20%を占めた。サカテカス州の鉱業関係の雇用は厳しい状態が続いていたが、最近は国内の鉱業生産量が2.54%減少した時期でさえ、鉱業関係の雇用が3,600人増加(増加率6.6%)したという。

ページトップへ