閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2004年6月11日 ロンドン 霜鳥 洋

イラン・Mehdiabad鉱床:亜鉛回収連続試験を開始

 Union Capital社(豪)はMehdiabad鉱床(イラン)の酸化鉱から酸浸出法により亜鉛を回収する小規模バッチ試験を完了し、実験室規模の連続試験をHRL社試験所(豪)で開始したと2004年6月10日に発表した。連続試験は8月までを予定。連続試験が成功した場合、鉱業権の確保を前提に、実証プラントの設置からなる第1期開発を2004年後半に開始する。第1期開発後、バンカブルFS評価を行い、年産16万t規模の酸化鉱酸浸出プラント建設からなる第2期開発を計画している。第2期開発の開始予定は2005年末。同社は経済性評価に向けたボーリング調査、トレンチ調査、坑道調査も実施中である。

ページトップへ