閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2004年7月8日 北京 納 篤

銅陵集団金隆製錬所の拡張工事、順調に進捗

 銅陵集団の金隆銅製錬所の拡張工事は、2004年4月18日に着手し順調に進捗している。計画では2005年6月頃には完了する見込みとのこと。当初のカソード生産能力15万トン/年を21万トン/年へ拡張する。投資総額は429百万元(US$51.8百万)で、その内38.9百万元が硫酸回収システムの近代化に当てる。今回の拡張工事はカソードの生産能力アップのみならず、排煙の環境対応向上に資するとしている。金隆公司は1992年に設立、1997年に10万トンの能力で銅製錬を開始し、2002年には15万トンに生産能力を引き上げた。

ページトップへ