閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2004年7月8日 北京 納 篤

雲南羊拉銅鉱山、第1期工事8月に着工

 雲南銅業公司によると、雲南迪慶チベット自治州にある羊拉銅鉱山(Yangla mine)に対する第1期工事(銅精鉱生産能力2万トン/年)の準備作業は順調に進み、2004年8月に着工する予定で工事完了予定は2006年上半期。
 羊拉銅鉱は「三江鉱床生成帯」中心区域迪慶州徳欽県内(Diqin)にあり、銅鉱床の賦存位置が雲南省の側にある。基本調査では羊拉銅鉱山の金属量は50万トン規模とされ、周辺の鉱床ポテンシャルも極めて高い。2003年6月、迪慶州政府は、国家開発銀行、雲南銅業(集団)有限公司等の各機関と開発に関する協議書を締結した。協議書に基づき、雲南銅業集団は9億元を投資し、徳欽県羊拉郷で年間銅地金生産を2万トンの生産基地を設置するとしている。

ページトップへ