閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト ニッケル
2004年8月4日 アルマティ 酒田 剛

英企業、カザフスタン北部でニッケル・コバルト鉱床開発の予定

 www.gazeta.kzサイトは、8月3日付の記事としてOriel Resources社(英)のカザフスタン子会社であるMuzbel社がコスタナイ州Taranovsk地域でニッケル・コバルト鉱床の開発に350百万USドルを投資する計画を伝えた。これによれば、同州政府と同社代表者との間で協議が行われ、事前に同鉱床周辺の考古学調査を行う。同鉱床の埋蔵鉱量は100百万tとの試算データがあり、Takhirzhan Baratov社長は、ニッケル採掘量25~30千t/年を計画しており、鉱石240tを対象として選鉱試験中だと発言した。同州のVictor Meister副知事は、必要な電力量はTroitskayaとRudnajaの同州熱電供給所から供給、不足分はEkibastuzskajaから賄う計画を明らかにした。産業貿易省からの承認を得て、来年1月にも建設に着手したいとしている。
 Oriel Resources社は、ロンドンAIM(Alternative Investment Market)に上場する中小鉱山企業で、AIMのトップ50(他に、ロシアで活動するBema Gold社(3位)、Highland Gold Mining社(8位)、Peter Hambro Mining社(10位)、Celtic Resources Holding社(26位)や、ウズベクで活動するOxus Gold社(37位)などの鉱山企業が入っている)入りしている。

ページトップへ