閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル タンタル
2004年9月1日 アルマティ 神谷夏実

豪・金、タンタル生産者、Sons of Gwalia社、経営破たん

 8月30日、豪州の中堅鉱山会社Sons of Gwalia社は、経営破たんし管財人の管理化に入ったことを発表した。負債金額は約8億豪ドルで、金や為替ヘッジの失敗、金生産量の伸び悩み等が直接的な原因とされている。同社は1985年に設立され、主に金、タンタルを生産してきた。同社の金鉱山は品位の低下等収益性の低さが指摘されており、Leonora(レオノラ)金鉱山の深部開発、2001年に買収したTarmoola(タームーラ)金鉱山の開発に失敗していた。また、同社の収益源であるGreenbushes(グリーンブッシュ)、Wodina(ヲジナ)両タンタル鉱山への過大投資も経営上足かせとなり、キャッシュフローが厳しい状態であったとされている。今後も管財人の管理化で生産を続け経営再建を図る。WMCがタンタル鉱山の買収に関心を示しているとの報道もされている。

ページトップへ