閉じる

ニュース・フラッシュ

2004年9月14日 サンティアゴ 中山 健

チリ・CODELCO、2005年新規プロジェクトに10億ドル投資

 CODELCO Villartz社長が語ったところによると、CODELCOは、2005年上半期にGaby鉱床およびMansa Mina鉱床開発の可否を決定する予定で、この決定がなされればAndina鉱床の拡張と併せて10億ドルの投資がなされる見込みである。Gaby鉱床開発は民間との共同開発方式はとらず、CODELCO単独で開発を行ない、開発後、権益の49%までを放出する方針である。Gaby鉱床およびMansa Mina鉱床は2008年にフル操業となり、Andina鉱床の増産分を加えると、CODELCOの生産量は、170万tから240万tになる。なお、Gaby鉱床開発には中国Minmetal社から4~5億円の融資が検討されている。これについては2004年11月までに結論を出す方針である。(9月6日付El Mercurio紙および9月7日付Santiago Times)

ページトップへ