閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2004年10月18日 ロンドン 嘉村 潤

ザンビア・Munaliニッケル・プロジェクトで、Albidon社(豪)が大規模な鉱化帯を広範囲に確認

 Albidon社(豪)の10月11日の発表によると、ザンビアにおいて、同社が進めているMunaliニッケル・プロジェクトで、大規模なニッケル・銅・コバルト・白金の硫化鉱化帯を広い範囲で確認した。これはJORCコードでの本プロジェクトの資源量の分類を改善し、現状以上の高い品位の鉱化の連続を確認するための掘削計画で、これまで15本の掘削が行われたうち、最も良い結果として、掘削長31.0mで品位Ni 2.29%、Cu 0.35%、Co 0.11%、PGM 1.19g/tのものが見つかった。Munaliニッケル・プロジェクトは、ザンビアの首都ルサカの南60kmに位置し、1969年に鉱床が発見され、2002年にAlbidon社が引き継いだ。これまでの探鉱結果では、推定資源量がカット・オフ品位Ni 0.38%で700万tとなっていた。

ページトップへ