閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2004年10月23日 アルマティ 酒田 剛

ウクライナ政府、マンガン精鉱の輸入を規制しない方針を決定

 地元業界紙によれば、ウクライナ政府の貿易に関する各省委員会は急増するマンガン精鉱の輸入が同国経済に悪影響を及ぼす可能性について特別な市場調査を行った結果を公表、「これら輸入品は国内生産者価格よりも高価で、ダンピングが行われている事実もない。」として、規制を行う必要がないとの決定を下した。経済・欧州統合省のSerhiy Romanyuk次官が述べたもので、自社財政が悪化、ウクライナ経済にも悪影響を及ぼす懸念があるとして政府に規制を働きかけていたOrdzhonikidze GOKの提案を検証するため、2004年5月に調査が開始されていたもの。同GOKは国内マンガン精鉱の54%を生産(2003年生産量は前年比15%減の1,415千t)しているが、2002年第4四半期から2003年第3四半期にかけて輸入精鉱が6.8倍に増えた結果、同社の販売量が12.4%減少するなど深刻な影響を被っていると窮状を訴えていた。

ページトップへ