閉じる

ニュース・フラッシュ

2004年11月22日 リマ 辻本崇史

ペルー・鉱業ロイヤルティ法施行細則を公布

 政府は、11月15日、懸案となっていた鉱業ロイヤルティ法施行細則を公布した。
 これにより、精鉱販売額に応じ、1~3%の鉱業ロイヤルティの徴収が開始される。鉱業ロイヤルティは、鉱業権者が、施行細則に定められた計算方法により毎月算定し、支払う。徴収対象となる開始月は、本法律が成立した今年6月であり、今年6月分は2005年1月までに支払う。(以降同様に今年7月分は2005年2月までに支払う)
 鉱業協会は、施行細則の公布を受け、本法律が鉱業分野のみに差別的に追加的税負担を求めているとの理由で、近く、憲法裁判所に本法律に対する違憲訴訟を起こす予定としている。

ページトップへ