閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年1月1日 ロンドン 嘉村 潤

EuroZinc社、ポルトガルでさらに金の探鉱権を取得

 EuroZinc Mining社(カナダ)は、10月27日、ポルトガルの北部中央で、さらに金の探鉱を目的とした探鉱権を取得したと発表した。このFreixeda探鉱権は、2年間の排他的探鉱権で、その後各年で探鉱対象地区の50%放棄を条件として3年間の延長あるいは採掘権への転換が行える。同社は初期2年間の最低作業義務として500mの掘削作業を含む10万ユーロ相当の作業支出と2万ユーロの現金支払いを行わなければならない。Freixeda探鉱権は、Lisbon北東約350km、スペインとの国境近くの面積400Km2の地域で、1952年から1955年に金、銀、鉛を生産した旧Freixeda金鉱山を取り囲む地域を対象としている。同社では、この地域にはIntrusion Related Gold Deposits(IRGD)型の鉱床賦存のポテンシャルが高いと期待しており、地質図作成、土壌サンプル採取等を2006年第2四半期までに完了し、選定されたターゲットへの掘削作業等を2006年第3四半期に始めたいとしている。

ページトップへ