閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2005年1月4日 北京 納 篤

アルミ、銅、ニッケルに対する輸出税還付制度を廃止

中国政府は、2005年からアルミ、銅、ニッケル及びエネルギー消費型製品に対し、輸出税還付制度を廃止すると報じた。本政策は2005年1月1日から発効するとしているが、詳細については不明である。
 中国のアルミ製錬業者は8%の輸出税還付を取り消されることとなり、取り消し前に駆け込み的な輸出攻勢に向かうことも予想され、12月のアルミの輸出量は倍増すると見られている。
 業界関係者からは、この様なアルミの輸出政策の変更は、過熱する中国経済を沈静化させる効果も狙っているが、直接的には効率の低い競争力のない製錬所の閉鎖または再編を促進させるためとの見方が主流である。なお、銅、ニッケルについては輸出量そのものが少ないため、大きな影響が無いとみられている。

ページトップへ