閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年1月12日 ロンドン 嘉村 潤

豪・Equinox社、ザンビアLumwana銅プロジェクトの100%権益獲得

 Equinox社の1月12日の発表によると、同社が51%の権益を有していたザンビアLumwana銅プロジェクトについて、パートナーのPhelps Dodge Zambia社から残りの権益を獲得し、100%権益となったと発表した。同社は1999年8月以降JVで事業を進めていたが、2003年6月にPhelps Dodgeと残りの権益を獲得するオプション契約のLOIに合意しており、今回それを行使したもの。Phelps Dodgeはこの時点で1%NSR(Net Smelter Return)を保持するが、Equinox社は開発決定時に10.6百万USドル支払うか、商業生産開始時に12.8百万USドル支払うことでこれも獲得するオプションを有するという。
 また、Chimiwungo North新鉱床を発見したことも発表した。この新鉱床は、同社がLumwana銅プロジェクトの主要露天掘りピットと計画しているChimiwungo(埋蔵量:銅品位0.76%で139.1百万t)の北約300m、同じく計画中の年間18百万tの処理プラントから約3kmに位置し、Chimiwungo鉱床と品位・規模とも同じレベルという。

ページトップへ