閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年1月17日 リマ 辻本崇史

ペルー・Magistral銅鉱床開発プロジェクトにQuadra社(加)が参入

 地元業界紙等によると、Inca Pacific社(加)が保有するMagistral銅鉱床開発プロジェクトにQuadra Mining社(加)が参入し、JVで開発を目指す旨のLOIを両社が締結した。
 これによると、Quadra社は、2006年9月までにバンカブルF/S(粗鉱量1.5万t/日規模以上)を終了することにより50.1%の権益を取得し、さらに2007年6月までにプロジェクトファイナンスを完了すると65%の権益を取得する。その後の開発経費は、両社が権益比率に応じた負担となる。
 Quadra社は、プレF/S段階までは撤退できないが、その後は何時でも撤退可能である。また、契約締結時(2月の予定)、プレF/S終了時(2005年12月末まで)、バンカブルF/S終了時の各段階において、Quadra社はInca社に2百万ドル(現金と株式)を支払う。

ページトップへ